演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅

オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅

2020/03/28(土) 14:00 開演

東京オペラシティ 近江楽堂 (東京都)

J-M.オトテール:組曲 第3番 ハ長調       
D.M.ドレイエル:オーボエ・ソナタ 第5番 ト短調
D.スカルラッティ:リュート・ソナタ へ長調 K.380
T.ヴィンセント Jr.:オーボエ・ソナタ 第2番 イ短調
J.S.バッハ:プレリュードとフーガ BWV 997 より  
G.Ph.テレマン:パルティータ 第2番 ト長調 TWV 41:G2「小室内楽」より 
*プログラムは変更することがございます。ご了承ください。

ゲスト出演者

大山有里子(バロック・オーボエ)
中川祥治(アーチ・リュート)
撥弦楽器リュートがヨーロッパに最初に現れたのは中世のことです。十字軍によって中東からもたらされたとか、スペインのイスラム教徒とキリスト教徒の分裂を横断して運ばれたなどの説があります。それに対してオーボエはずっと後の17世紀の終わり頃、フランスでそれまであったダブルリードの楽器を改良して作り出された楽器です。オーボエが現代までオーケストラに欠かせない楽器となっているのに対して、リュートはバロック音楽の終焉とともに急速に衰退していきました。

オーボエとリュート、この二つの楽器がともに華やかに活躍した時代、それがバロック音楽の時代です。二つの楽器が出会った比較的短い期間、二人だけで演奏されることがどれくらいあったのでしょう?実際にそういう機会があったのか、あったとしたらどんな場面だったのか、、、、残っている記録は何もありません。

爪弾くリュートと歌うオーボエのデュオ、この独特な響きを持った音楽をファンタジーにのせてお送りいたします。

入場料

全自由席 前売り券:3,500円 当日券:4,000円

チケット購入方法

主催、お問い合わせ・ご予約
■ クラングレーデ コンサート事務局 concert@zav.att.ne.jp 電話/FAX:045-982-3201
■ ナカガワ・プロジェクトshoji726lute@gmail.com  電話:0594-22-2986(中川)

チケット扱い
■ 東京オペラシティチケットセンター(月曜定休) 電話:03-5353-9999
■ 松木アートオフィス 電話:03-5353-6937

お問い合わせ

削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります