演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

クラシック音楽って何?初心者でもわかりやすいクラシック入門

 クラシック音楽という言葉は知っていても、今ひとつよくわからないという方のために、クラシック音楽とはどういう音楽を指すのか、簡単な歴史、クラシック音楽の楽しさについてご紹介していきます。

クラシック音楽とは

 クラシックとは、「古典的」という意味で、クラシック音楽は一般的にはヨーロッパを中心とした西洋の芸術音楽を指します。そして、17世紀から19世紀あたりまで約400年間に、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンなどの音楽家によって作られた音楽をいいます。

クラシック音楽の歴史と時代ごとの特徴

 クラシック音楽は、時代によって次のように分類されています。

・中世ルネッサンス音楽(〜1500年頃まで)

 クラシック音楽は、もともとは教会音楽として発展してきた歴史があり、17世紀以前は歌や合唱を主としたものでした。この時代の音楽を中世ルネッサンス音楽と呼んでいます。 それ以前は、楽譜がなく歌を身につけて覚えることで音楽を伝えてきましたが、楽器の発達とともに教会音楽としてだけではなく、富裕層を中心に音楽が広がっていった時代でもあります。

・バロック音楽(1600年頃〜1750年頃まで)

 ルネッサンス期からバッハがなくなる1750年頃までは音楽史ではバロック時代と呼ばれ、この時代に作られた音楽をバロック音楽いいます。 バッハ、ヘンデル、ヴィバルディがこの時期に活躍した作曲家の代表です。

・古典派音楽(1750年頃〜1827年)

 バッハの死からベートーヴェンの死までの時代に作られた音楽を古典派音楽と呼んでいます。 当時のヨーロッパでは、ウィーンが最も豊かな都市であったことから、多くの音楽家がウィーンに集まり、宮廷での音楽活動などもさかんに行われていました。 代表的な作曲家は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどです。

・ロマン派音楽(1827年〜1920年頃まで)

 ベートーヴェンの死から約100年間をロマン派音楽の時代と呼んでいます。 当時、社会的にもロマン主義思想に基づく運動がさかんで、富裕層だけの楽しみであった宮廷音楽から脱却し、一般市民にも音楽が広まった時代でもあります。 こういった時代背景から、さまざまな作曲家や表現方法が生まれたため、音楽史では、1850年頃を区切りとして前期ロマン派、後期ロマン派に分けられています。 前期ロマン派の特徴はオペラの確立です。代表的な作曲家はウェーバー、シューマン、メンデルスゾーン、ショパンです。 後期ロマン派の特徴は、民族様式の音楽(国民楽派ともいう)の登場です。 クラシック音楽の中心地であったウィーンだけではなく、ロシア、チェコなどの国からも作曲家が生まれ、活躍しました。 チャイコフスキー、スメタナ、ドボルザーク、グリーク、シベリウスなどが代表的な作曲家です。

・近代、現代音楽(1920年頃〜現在)

 近代音楽と現代音楽は第一次世界大戦を区切りとして区別するべきかどうか、現在でも議論されていますが、ここでは20世紀以降の音楽をまとめてご紹介します。 20世紀から現在までは、これまでの音楽に代わる、新しい様式の音楽がたくさん生まれました。 近代音楽の代表的な作曲家は、ドビュッシー、シュトラウス、ラヴェル、現代音楽の代表的作曲家はシュトックハウゼン、ブーレーズなどです。

クラシック音楽の楽しさ

 クラシック音楽というと、堅苦いとかとっつきにくいといった印象がある方が多いのではないでしょうか。 また、聞いていても眠くなってしまうというような方もおられます。

 こういったイメージが先行して、クラシック音楽が苦手だと思い込んでしまう方も多いのですが、日常生活を送る上で、意外にも私たちはクラシック音楽に自然に触れているのです。 毎日見ているテレビCM、ドラマのBGM、電話の保留音、携帯電話の着信音など、よく聞いてみると有名なクラシック音楽が使われていることも多いのです。

 確かに、クラシック音楽はオペラや声楽を除けば歌詞がなく、ポップスのようにサビやリピート部分がわかりにくい構造をしています。 「○○第1番」といったように、曲のタイトルがついていないものもあります。また、前項のようにクラシック音楽の歴史から学ぶとなると難しく感じてしまう方も多いでしょう。

 しかし、逆に歌詞やタイトルがハッキリしておらず、その当時の暮らしを体験していないからこそ、想像力をかきたてられるのです。そして、聴く人によって曲の印象が違うという面白さもあります。

 クラシック音楽を楽しむためには、歴史的な知識をもっていることも大切ではありますが、先入観なく聞いて、「悲しそう」「楽しそう」「元気」「美しい」「こわい」など、どんな印象を持ったのかを感じることで自分の感性を豊かにし、心のリラックスにもつながります。 また、同じ楽器や同じ曲であっても演奏者によって音色が違います。その違いを聞き分けるだけでも楽しめるはずです。