クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

細川泉 ヴィオラリサイタル

九州交響楽団首席ヴィオラ奏者 

2023年04月06日() 19:00 開演

なみきスクエア 東市民センター なみきホール福岡県

https://www.izumi-hosokawa.com/concerts

ヴィオラ: 細川泉 / ピアノ: 草冬香

ゲオルク・フィリップ・テレマン 12のファンタジーより第一番 / マックス・ブルッフ ロマンス作品85 / ヨハネス・ブラームス ヴィオラソナタ第一番 作品120−1 / 武満徹 鳥が道に降りてきた / パウル・ヒンデミット 白鳥を焼く男

細川泉 ヴィオラリサイタル

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

動画

コンサートについて

細川泉は、ジュネーブ音楽院で今井信子氏に師事し、帰国後、九州交響楽団の首席ヴィオラ奏者に就任。
現在京都市立芸術大学でも後進の育成にも力を注ぎ、ソロ・リサイタル、室内楽と精力的に活動しています。


少しでもヴィオラを身近に感じて頂けるよう、プログラムは毎回かなり工夫しています。

今回は、王道なプログラムで、テレマン、ブラームス、武満徹、ヒンデミット。バロックからロマン派、現代に至るまでバラエティに富んだプログラム。

どの作品も魅力的なメロディに溢れ、ヴィオラの持つ温かさ、奥行きのある音色、ヴィオラにしか表現できない世界を皆様にお届けします。

メインプログラムのヒンデミットの「白鳥を焼く男」は、ヴィオラの技巧と抒情性の魅力が詰まったヴィオラ曲を代表する名曲ですが、リサイタルで演奏される機会はほぼないので、ぜひお聴き逃しなく!

今回は福岡公演のみ、特別ゲストで元ベルリン放送響首席で現在フランクフルト音大教授のアンドレアス・ヴィルヴォール氏をお迎えし、ブリッジのヴィオラデュオをお届けします。

ピアノは、ヴィオラの伴奏にかけて日本随一路いっても過言ではない素晴らしいピアニスト、草冬香さんとお届けします。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する