クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

鳥生真理絵 バッハ無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 第1回(福山)

J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

2024年03月02日() 14:00 開演

日本キリスト教団 福山東教会広島県

バロック・ヴァイオリン: 鳥生 真理絵

J.S.バッハ/ソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
J.S.バッハ/パルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002
J.G.ゲオルク・ピゼンデル/ヴァイオリン・ソナタ イ短調
(休憩なしの1時間プログラム)

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

開場13:30 開演14:00
会場:日本キリスト教団 福山東教会
(広島県福山市東町1-2-8)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ヨハン・セバスチャン・バッハによって書かれた「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」(BWV1001-1006)は3つのソナタと3つのパルティータからなる曲集で、ヴァイオリン弾きの最も重要なレパートリーの一つとしてモダン奏者から古楽器奏者まで数多くの音楽家によって何百年にもわたり演奏されてきた。西暦2024年、この名曲集にバロック・ヴァイオリン奏者、鳥生真理絵が挑む。

6つの作品を全3回の演奏会に分けて、17~18世紀の無伴奏ヴァイオリンのための作品とともに1時間のショート・プログラムでお届けする同シリーズ、第1回は、バッハのヴァイオリン作品に多大な影響を与えたといわれているバッハと同時代のドイツのヴァイオリン奏者、ゲオルク・ピゼンデルのヴァイオリン・ソナタとともにお送りする。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

★同一プログラムで下記の公演も行われます

3月2日(土)開演18:00~尾道公演
3月3日(日)開演14:00~岡山公演

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり