作曲家検索

作曲家一覧

1-30件 / 1157件中

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

icon

1770年12月16日 - 1827年3月26日

icon

ドイツ

icon

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い、1770年12月16日頃- 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。音楽史において極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆とされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

icon

1756年1月27日 - 1791年12月5日

icon

オーストリア

icon

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語:Wolfgang Amadeus Mozart、1756年1月27日 - 1791年12月5日)は、主に現在のオーストリアを活動拠点とした音楽家。洗礼名はヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト [Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart]。ハイドンやベートーヴェンと同じく古典派音楽・ウィーン古典派を代表する。

ヨハネス・ブラームス

icon

1833年5月7日 - 1897年4月3日

icon

ドイツ

icon

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風は概してロマン派音楽に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。

ピョートル・チャイコフスキー

icon

1840年5月7日 - 1893年11月6日

icon

ロシア

icon

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840年5月7日(ユリウス暦では4月25日) - 1893年11月6日(ユリウス暦10月25日))は、ロシアの作曲家。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

icon

1685年3月21日 - 1750年7月28日

icon

ドイツ

icon

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(独: Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)は、ドイツの作曲家・音楽家である。バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。

アントニン・ドヴォルザーク

icon

1841年9月8日 - 1904年5月1日

icon

チェコ

icon

アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク(1841年9月8日 - 1904年5月1日)は後期ロマン派に位置するチェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家である。

フランツ・シューベルト

icon

1797年1月31日 - 1828年11月19日

icon

イタリア

icon

フランツ・ペーター・シューベルト(ドイツ語: Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。

フレデリック・ショパン

icon

1810年3月1日 - 1849年10月17日

icon

ポーランド

icon

フレデリック・フランソワ・ショパン(ポーランド語:Fryderyk Franciszek Chopin(フリデリク・フランチシェク・ショペン)、生年未詳(1810年3月1日または2月22日、1809年説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランド出身の、前期ロマン派音楽を代表する作曲家。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家としても有名だった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるようになった。

ロベルト・シューマン

icon

1810年6月8日 - 1856年7月29日

icon

ドイツ

icon

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(ドイツ語: Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。ドイツ語発音に基づきローベルト・シューマンと表記されることもある。

フェリックス・メンデルスゾーン

icon

1809年2月3日 - 1847年11月4日

icon

ドイツ

icon

ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 - 1847年11月4日)は、ドイツ・ロマン派の作曲家、指揮者、ピアニスト、オルガニスト。哲学者モーゼスを祖父、銀行家のアブラハムを父親に、作曲家ファニーを姉として生まれたメンデルスゾーンは、神童として幼少期から優れた音楽の才能を示した。

クロード・ドビュッシー

icon

1862年8月22日 - 1918年3月25日

icon

フランス

icon

クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家。長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれることのない自由な和声法などを用いて作曲し、その伝統から外れた音階と和声の用い方から19世紀後半から20世紀初頭にかけて最も影響力を持った作曲家の一人である。ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。

モーリス・ラヴェル

icon

1875年3月7日 - 1937年12月28日

icon

フランス

icon

ジョゼフ・モーリス(モリス)・ラヴェル(1875年3月7日 - 1937年12月28日)は、フランスの作曲家。『スペイン狂詩曲』やバレエ音楽『ダフニスとクロエ』『ボレロ』の作曲、『展覧会の絵』のオーケストレーションで知られる。1875年3月にフランス南西部、スペインにほど近いフランス領バスク地方のシブールで生まれる。生家は、オランダの建築家により17世紀に建てられたもので、アムステルダムの運河に面する建物さながらの完全なオランダ様式を呈しており、現存している。

セルゲイ・ラフマニノフ

icon

1873年4月1日 - 1943年3月28日

icon

ロシア

icon

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフは、ロシア帝国出身の作曲家、ピアニスト、指揮者。

カミーユ・サン=サーンス

icon

1885年10月9日 - 1921年12月16日

icon

フランス

icon

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、ピアニスト、オルガニスト、指揮者。広く知られた作品として『序奏とロンド・カプリチオーソ』(1863年)、ピアノ協奏曲第2番(1868年)、チェロ協奏曲第1番(1872年)、『死の舞踏』(1874年)、オペラ『サムソンとデリラ』(1877年)、ヴァイオリン協奏曲第3番(1880年)、交響曲第3番『オルガン付き』(1886年)、『動物の謝肉祭』(1886年)などが挙げられる。

フランツ・リスト

icon

1811年10月22日 - 1886年7月31日

icon

オーストリア

icon

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt)、もしくはリスト・フェレンツ(ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、ハンガリー王国出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活動したピアニスト、作曲家。

ジャン・シベリウス

icon

1865年12月8日 - 1957年9月20日

icon

フィンランド大公国

icon

ジャン・シベリウス(スウェーデン語: Jean Sibelius), 1865年12月8日 - 1957年9月20日)は、後期ロマン派から近代にかけて活躍したフィンランドの作曲家、ヴァイオリニスト。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

icon

1732年3月31日 - 1809年5月31日

icon

オーストリア

icon

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 - 1809年5月31日)は、現在のオーストリア出身の音楽家であり、古典派を代表する作曲家。また、弟ミヒャエル・ハイドンも作曲家として名を残している。数多くの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。 弦楽四重奏曲第77番(第62番)の第2楽章にも用いられた皇帝讃歌『神よ、皇帝フランツを守り給え』の旋律は、現在ドイツ国歌(ドイツの歌)に用いられている。

ジョルジュ・ビゼー

icon

1838年10月25日 - 1875年6月3日

icon

フランス

icon

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。 代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『美しきパースの娘(日本では作中のセレナードの旋律が「小さな木の実」(作詞:海野洋司、編曲:石川皓也)に転用され有名)』など。

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

icon

1685年2月23日 - 1759年4月14日

icon

イタリア

icon

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich H?ndel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ出身で、イタリアで成功した後にイギリスで長年活躍し、イギリスに帰化した作曲家、オルガニスト。 後期バロック音楽の著名な作曲家の一人。後期バロック音楽の著名な作曲家の一人。特にイタリア語のオペラ・セリアや英語のオラトリオの作曲で知られ、自ら公演事業にも携わった。代表作のオラトリオ『メサイア』は現在でも人気が高い。

リヒャルト・ワーグナー

icon

1813年5月23日 - 1883年2月13日

icon

ドイツ

icon

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者、思想家。ワグナー、ヴァ(ー)グナーとも書かれる。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。

エドワード・エルガー

icon

1857年6月2日 - 1934年2月23日

icon

イギリス

icon

初代準男爵サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar, 1st Baronet, OM, GCVO、1857年6月2日 - 1934年2月23日)は、イギリスの作曲家、指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。

リヒャルト・シュトラウス

icon

1864年6月11日 - 1949年9月8日

icon

ドイツ

icon

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss、1864年6月11日 - 1949年9月8日)は、ドイツの作曲家・指揮者。後期ロマン派を代表する作曲家の一人であり、リヒャルト・ワーグナーとフランツ・リストの後継者と言われている。交響詩とオペラの作曲で知られる。ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はない。

ジュゼッペ・ヴェルディ

icon

1813年10月10日 - 1901年1月27日

icon

イタリア

icon

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 - 1901年1月27日)は、イタリアの作曲家。19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。「オペラ王」の異名を持つ。

セルゲイ・プロコフィエフ

icon

1891年4月27日 - 1953年3月5日

icon

ロシア

icon

セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ(ロシア語: Серге?й Серге?евич Проко?фьев;ラテン文字転写の例:Sergei Sergeevich Prokofiev、1891年4月27日[注 1] - 1953年3月5日)は、ロシアの作曲家、ピアニスト、指揮者。数多くの形式の音楽に傑作を残したことで知られており、20世紀の大作曲家のひとりであると認知されている。

エドヴァルド・グリーグ

icon

1843年6月15日 - 1907年9月4日

icon

ノルウェー

icon

エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg、1843年6月15日 - 1907年9月4日) は、ノルウェーの作曲家である。現地語での発音は「エドヴァル・グリッグ」に近い。また語末のgが無声化してしばしば/k/と発音されるドイツ語読みの影響で「グリーク」と表記されることもある。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。民族音楽からの深い影響は『ペール・ギュント』第1組曲の第1曲「朝」の冒頭がノルウェーの民族楽器であるハリングフェーレの共鳴弦を端からつま弾いた時の旋律から始まっていることからもうかがうことができる。

アルフレッド・リード

icon

1921年1月25日 - 2005年9月17日

icon

アメリカ

icon

アルフレッド・リード(Alfred Reed, 1921年1月25日 - 2005年9月17日)は、アメリカの作曲家・指揮者。特に吹奏楽においては、20世紀を代表する音楽家の1人とされる。200曲以上の吹奏楽作品がある。プロの吹奏楽団のみならず教育団体・一般団体からの委嘱作品も存在する。1921年1月25日、ニューヨークで生まれる。10歳からトランペット、15歳から作曲を学び、高校を卒業すると放送局の作曲編曲兼副指揮者の仕事に就く。

ガブリエル・フォーレ

icon

1845年5月12日 - 1924年11月4日

icon

フランス

icon

ガブリエル・ユルバン・フォーレはフランスの作曲家。フランス語による実際の発音はフォレに近い。同時代のフランスを代表する作曲家のひとりであり、その作曲スタイルは20世紀の作曲家の多くに影響を与えた。彼の作品の中でも有名なものに『パヴァーヌ』、レクイエム、『シシリエンヌ』、ピアノのための夜想曲、歌曲「夢のあとに」、「月の光」などがある。

アストル・ピアソラ

icon

1921年3月11日 - 1992年7月4日

icon

アルゼンチン

icon

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921年3月11日 - 1992年7月4日)は、アルゼンチン出身の作曲家、バンドネオン奏者。タンゴを元にクラシック、ジャズの要素を融合させた独自の演奏形態であるTango Nuevo(またはNuevo Tango=新しいタンゴ)を産み出した。

グスタフ・マーラー

icon

1860年7月7日 - 1911年5月18日

icon

オーストリア

icon

グスタフ・マーラー(Gustav Mahler, 1860年7月7日 - 1911年5月18日)は、主にオーストリアのウィーンで活躍した作曲家、指揮者。交響曲と歌曲の大家として知られる。

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

icon

1906年9月25日 - 1975年8月9日

icon

ロシア

icon

ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(ロシア語: Дмитрий Дмитриевич Шостакович ラテン文字転写の例: Dmitrii Dmitrievich Shostakovich, 1906年9月25日(ロシア暦9月12日) - 1975年8月9日)は、ソビエト連邦時代の作曲家。交響曲や弦楽四重奏曲が有名である。 シベリウス、プロコフィエフと共に、マーラー以降の最大の交響曲作曲家としての評価がほぼ確立され、世界的にも特に交響曲の大家と認知されている。

PRおすすめのコンサート

新交響楽団 第266回演奏会

新交響楽団 第266回演奏会

icon 2024/07/28 14:00

icon

驚天動地の前衛音楽-ストラヴィンスキー「春の祭典」

進藤実優ピアノリサイタル

進藤実優ピアノリサイタル

icon 2024/07/20 13:30

icon

いま世界が注目するピアニストが紡ぐベートーヴェン三大ソナタ