新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

【音楽の父】バッハのことが丸わかりインタビュー!

Hero Image

インタビュー形式でバッハの人生を知ろう

皆さん、こんにちは。
この記事では、作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハさんのインタビューをお届けします。(以下バッハと記載)

皆さんはバッハにどんなイメージを持っていますか?「気難しそう」「ドシンとした感じ」「音楽の父というのは聞いたことあるけど…」など、なんとなくはイメージできていても、あまり良く知らない方が多いと思います。

そこで今回は、ご本人に生い立ちや作曲のこと、その他ここでしか聞くことができないエピソードなど、たくさんお話を聞いてきました!この記事を読んで、少しでもバッハのことを知って、親しみを持っていただけると嬉しいです。

ぜひ最後までお読みください!

こんにちは。今日はどうぞよろしくお願いします。

バッハ

こちらこそよろしく。

では、まず生い立ちからお聞きしたいと思いますが、バッハさんはどんな子供だったのですか?

バッハ

私は1685年3月21日に、ドイツ、テューリンゲン地方のアイゼナハという町で生まれたんだ。

もともと私の一族は音楽家ばかりでね。父も演奏家だったし、生まれたときから音楽に囲まれた生活だった。

7歳から合唱団でソプラノとして歌っていたし、自然と音楽家になりたいという気持ちは持っていたよ。

一族が音楽家…!サラブレッドなんですね。
その後はどうだったのですか?

バッハ

あまり思い出したくないが…9歳のときに母を亡くしてね。父もその後再婚したんだが、すぐに亡くなってしまった。

両親を亡くした私は、オルガン奏者だった兄に引き取られたんだ。このとき、兄からクラヴィーアを教えてもらってね。私はすっかり魅力にハマってしまったんだ。兄の楽譜を持ち出して、半年くらいかけて夜な夜な写したもんだよ。

クラヴィーアとは、今で言うピアノのような楽器ですよね?
コピー機のない時代に、楽譜を手書きで写すなんて…バッハさん、すごいです!

バッハ

そうだ。現代のピアノだね。
電気なんかないから、月明かりで写したせいで、目を悪くしてしまったが。
それから15歳のときに教会の合唱団に入り、教会音楽に親しんでいったよ。
しかし、声変わりをして歌えなくなってしまったから、その後は伴奏として働き続けたんだ。

そうだったんですね。では、そこから作曲家を目指したきっかけを教えて下さい。

バッハ

私は最初から作曲家になりたかったわけではない。実はオルガン奏者だったんだよ。

えっ!そうなんですか。

Icon無料会員登録すると、
続きを見れるようになります

profile

コンサートスクウェア事務局

中の人は、アマチュアオーケストラで打楽器をやっています