演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

ノルウェーの古い歌(12世紀初頭)
  :アレルヤ(「聖オラヴの旋律」より)
トマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548~1611)
  :羊飼いたちよ、汝らが見たものを語れ
フーゴ・ディストラ―(1908~1942):エサイの根より
ヘンリク・エーデゴール(1955~)
  :おお、大いなる神秘
ノルウェー民謡(F・ハヴレイ編曲):夜に歌声が響く 他
※都合により演奏曲が変更になる場合がございます。

ゲスト出演者

トーネ・エリサベト・ブローテン(ソプラノ)
イングリ・ハンケン(ソプラノ)
エッバ・リード(メゾソプラノ)
ペール・クリスティアン・アムンドレー(テナー)
フランク・ハヴレイ(バリトン、テナー)
ロルフ・マグネ・シュミット・アッセル(バス)
2005年、京都で開催された「第7回世界合唱シンポジウム」での感動のステージから14年。
今や世界中からコンサートのオファーが絶えないノルウェーを代表するアカぺラグループ
「ノルディック・ヴォイセス」が京都に帰ってきます。
北欧に古くから伝わる曲やルネッサンス作品を中心に、聖なるクリスマスの曲をお届けします。
世界を魅了する奇跡の歌声をどうぞお楽しみください。

入場料

一般 4,000円(3,500円)、学生 2,500円(2,000円)
※当日各500円UP  ※(  )内はアルティメイト会員優待価格

チケット購入方法

京都府立府民ホール“アルティ”
京都府立文化芸術会館
ローソンチケット(Lコード:52954)

お問い合わせ