演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

アウローラ管弦楽団

第22回定期演奏会

2020/01/11(土) 13:30 開演

すみだトリフォニーホール 大ホール (東京都)

S.S.プロコフィエフ:カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」 youtubeで曲を検索
P.I.チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 youtubeで曲を検索

指揮

田部井 剛

ゲスト出演者

混声合唱団コール・ミレニアム(合唱)、平井 淳子(メゾソプラノ)
 私たちアウローラ管弦楽団は創立10周年記念演奏会を終え、「次の10年」に向かって新たな舵を切りました。今後とも皆様のご支援の程宜しくお願い致します。
 小説や映画・漫画には「歴史もの」というジャンルがあり、最近は「歴女」なる女性層も取り込み、ますます人気が盛り上がっているように感じます。この「歴史もの」というジャンルは勿論クラシック音楽にも存在し、日本の歴史であれば身近なところでNHK大河ドラマのテーマ音楽が、オーケストラの壮大なサウンドで視聴者の心をつかんでいます。
 ロシアの「歴史もの」の音楽も負けていません。古くはボロディンの「イーゴリ公」やムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」といった「歴史オペラ」に始まり、20世紀に入って映像の時代が訪れてからは「歴史映画」にも音楽がつけられるようになり、名だたる作曲家たちによって様々な名曲が生み出されていきました。今回当団ではその代表格である作品として、プロコフィエフの映画音楽を元に演奏会形式のカンタータに再編纂された「アレクサンドル・ネフスキー」を取り上げます。13世紀の中世ロシアに実在した英雄が、祖国を侵略しようとする敵国軍と戦い勝利するというベタな「歴史もの」ですが、その一大スペクタクルが目の前に浮かび上がるような力作です。ぜひ生のオーケストラによる臨場感溢れる演奏をお楽しみください。
 また今回のメイン曲としては、当団にとって9年ぶりの再演となるチャイコフスキーの交響曲第4番を取り上げます。前回の演奏(2011年)の時はまだ結成3年目であり、若さと勢いがあった反面、荒削りなところも目立った演奏でした。あれから9年が経ち、これまでの演奏活動で育て上げてきた「アウローラらしさ」を活かしながら、この難曲に再挑戦致します。
 令和2年目となる新年1月11日は、さらなる成長を目指した私たちの「精一杯」を、すみだトリフォニーホールまでぜひ聴きに来て頂ければ幸いです。

入場料

全席自由 1,000円(未就学児入場不可)
60歳以上の方、墨田区在住の方は無料ご招待。(事前予約が必要となります。)

チケット購入方法

トリフォニーホールチケットセンター(03-5608-1212)

お問い合わせ

チケットプレゼント募集!

コンサートスクウェア御覧の皆様をご招待!

先着50名様

応募締め切り

2020/01/05 必着

応募方法と応募先

メールで応募(応募先アドレス):masaki@nebulas.com
ホームページで応募(応募先URL):http://www.avrora.me/asp/ticket_request.asp
枚数を明記ください。

応募方法

演奏会の団体名・日時とあなたの住所・氏名・年齢・職業・電話番号・コメントなどを明記の上、「コンサートスクウェアを見て応募」と記入し、上記までご応募下さい。

[当選チケットのオークションサイトへの出品は禁止です]
削除パスワード