演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

「いのち,ひとつ」ジョイントコンサート

「いのち,ひとつ」西牧潤・指揮者生活43周年記念コンサート

2020/12/20(日) 15:00 開演

リモート開催

To Live -生きる(作詩:谷川俊太郎 作曲:松下耕)
MY SONG(作詩:Rabindranath Tagore 作曲:Ēriks Ešenvalds)
きよしこの夜(作詞:Josef Mohr 作曲:Franz Gruber 編曲:中村健) 他

出演団体:
合唱団ボイスフィールド
合唱団声の樹 Alvero Vocale + 声の樹ユースクワイア
女声合唱団 Croire
北欧アンサンブル Norra Röster
宝塚少年少女合唱団
Arca Consort(弦楽合奏)

指揮

西牧潤

出演者

指揮・独唱 飯沼京子
ピアノ 前田裕佳
ヴァイオリン 中嶋弥生
世界中がウイルスの脅威に晒される中、私たちも“内なる音楽の道標”を失いかけていました。

音楽活動は困難を極め、“歌うこと”が非難の対象にさえなってしまいました。

しかし、私たちは諦めませんでした。

合同演奏のプログラム変更、演奏時のマスク着用を始めとするガイドラインの徹底など、想像していたものとは違う現実があります。

ですが、私たちには、仲間がいる。音楽がある。

今この状況に生きる私たちだからこそできる音楽を、今しかできないコンサートをと考え、無観客ライヴ配信での開催に踏み切ったのです。

このライヴ配信という方法は、世界中の仲間と繋がり、stay home で安全に音楽を分かち合えることを意味します。それは私たちにとって希望の光であり、みなさんとお会いてきることが待ち遠しくてたまりません!!

指揮者生活43周年を迎えた合唱指揮者・西牧潤その人と、彼との関係の深い5つの合唱団が共演。またその脇を固める飯沼京子、前田裕佳、中嶋弥生ら音楽家たちも、西牧と幾多の音楽を共有してきた、言わば同士たち。

各団の演奏では世界各国の作曲家による作品を取り揃え、また合同演奏ではĒriks Ešenvalds(ラトビア)の珠玉の作品『My Song』、松下耕(日本)によってこのコロナ禍で作品された『To Live』を披露します。

そんな私たちが披露するこのコンサート、タイトルに【いのち、ひとつ】と銘打ちました。
私たち日本人に宿る“生命の音楽”を、日本から世界へ、YouTubeライヴ配信にて視聴頂けます。

私たちの音楽が、みなさんへのささやかなクリスマスギフトとなることを願って…。

入場料

無料でご視聴いただけます。

お問い合わせ

未就学児童入場可能

他のお客様に御迷惑がかからないようご注意ください。