演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

W.A.モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より序曲 youtubeで曲を検索
A.ドヴォルザーク:チェコ組曲 ニ長調 作品39 youtubeで曲を検索
L.v.ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 《運命》 作品67 youtubeで曲を検索

指揮

苫米地 英一
チェコとベートヴェン?
今回のプログラムは中欧の楽都プラハを有するチェコが隠れたテーマ
「フィガロの結婚」はウィーンでは今一つであったものがプラハでは大人気
そんなプラハの聴衆のためにモーツァルトが書きあげたのが「ドン・ジョヴァンニ」
初演されたエステート劇場の前には劇中に出てくる幽霊を題材にした像が立つ

チェコと言えばスメタナやスークと並びドヴォルザークが人気の作曲家だ
このオケでは不思議と縁がなく50回演奏会を目前に初となるオーケストラでの選曲で、チェコの舞曲を題材にした小品はメロディーの美しさにどこか寂しさを感じさせる
「のだめ」で使われたことで知った人も多いはず

そしてベートーヴェンの「運命」
もはや紹介するまでもないクラシック音楽の頂点に立つ1曲がチェコつながり?
これは献呈されたひとり、エロイカも献呈されたロプコヴィッツ侯爵がボヘミア貴族であるが故。プラハにあるロプコヴィッツ宮殿は博物館として観光名所でベートーヴェンの直筆譜も展示されている。

チェコ・プラハの繁栄がなければウィーンで活躍するはずのベートーヴェンの人生が大きく変わっていたかもしれない

入場料

全席自由1,000円(前売800円)

チケット購入方法

イープラスにて

お問い合わせ

未就学児童入場可能

他のお客様に御迷惑がかからないようご注意ください。

チケットプレゼント募集!

コンサートスクウェア御覧の皆様をご招待!

10組20名様

応募締め切り

2021/10/31 必着

[当選チケットのオークションサイトへの出品は禁止です]
削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります