あきおおた国際音楽祭

2023あきおおた国際音楽祭

2023年10月22日() 13:00 開演

戸河内ふれあいセンター広島県

http://akiootakokusai.info/

ピアノ: 加藤洋之 / チェロ: 横坂源 / ヴァイオリン: 水谷晃 / バンドーラ奏者: カテリーナ

ロベルト・シューマン アダージョとアレグロ / フリッツ・クライスラー ジプシーの女 / フリッツ・クライスラー 道化役者 / フリッツ・クライスラー ウィーン風小行進曲 / フリッツ・クライスラー ウィーン奇想曲 / フリッツ・クライスラー 美しきロスマリン / ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト :ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ハ長調 K.296 / フェリックス・メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op.49

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「あきおおた国際音楽祭 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

「ピアニスト加藤洋之を中心に、昨年音楽祭に初登場してラフマニノフで大きな感動を与えたチェロの横坂源、いま日本で最高の実力派ヴァイオリニストとして引っ張りだこの水谷晃が加わりトリオを結成。安芸太田から世界へ向けて発進!」

水谷晃(ヴァイオリン)
桐朋学園大学を首席で卒業。第57回ミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門で第三位入賞。2010年4月より国内最年少のコンサートマスターとして群馬交響楽団コンサートマスターに就任。2023年3月まで東京交響楽団コンサートマスター。2018年6月よりオーケストラアンサンブル金沢客員コンサートマスター。「ゆふいん音楽祭」のリーダーに就任。桐朋学園大学非常勤講師

横坂 源(チェロ)
2002年7月、チェリストの登竜門として知られる全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝(15歳)をはじめ、第15回「出光音楽賞」を、第7回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。
2009年5月には全ドイツ学生音楽コンクールで第1位(室内楽)を、2010年9月には第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞し、国際的なチェリストとしてのキャリアを本格化させる。

加藤洋之(ピアノ)
東京警術大学附属音楽高校を経て同大学を首席で卒業。学内にて「安宅賞」を受賞。大学院在学中の1990年にジュネーヴ国際音楽コンクール第3位入賞、ハンガリー国立リスト音楽院に留学してイシュトヴァン・ラントシュ氏に師事する。
1996 年からはドイツ・ケルンに移りパヴェル・ギリロフ氏 の下でさらに 研鎖を積んだ。ヨーロッパ各地でソリスト、室内楽表者として活発な演活動を続けている。2012年から東京藝術大学音楽学部室内楽科、2021年よりピアノ科で後進の指導にもあたっている。令和元年度文化庁芸術祭音楽部門「大賞」を受賞。

ウクライナの伝統楽器バンドゥーラ奏者・歌手Kateryna (カテリーナ)
ウクライナ・プリピャチ生まれ。6歳の時にチェルノブイリ原発で夜災した子供たちで構成された音楽団「チェルボナカリーナ」に入団後、海外公演に多数参加。19歳の時に音楽活動の拠点を東京に移す。現在、日本に数少ないウクライナのバンドゥーラ奏者の1人として、ウクライナ民話や日本歌曲を演奏し、テレビ、新聞、ラジオなど数多くのメディアに取り上げられている。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

icon 2024/04/13 14:00

icon

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番, ブラームス:交響曲第1番

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

icon 2024/03/23 14:00

icon

ワーグナー/ジークフリート牧歌,ヴィヴァルディ/2本のトランペットのための協奏曲

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!