クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

誰もが知る古典文学の傑作「源氏物語」には音楽に関するシーンが多く登場します。物語の中では、平安時代の貴族たちにとってごく身近なものだった管絃や舞楽、また日常的に楽器を楽しむ姿が、とても印象的に描かれています。物語を彩る魅力的な音楽のシーンをいくつか選んで構成致しました。今年、何かと話題の源氏物語、雅楽を通して、より深く物語を感じて頂ければと思います。

舞楽「春鶯囀」は、光源氏が例えようもなく見事に舞ったという舞楽で(「花宴」)、今日でも大曲として伝わる名曲です。「女楽」は源氏が催した管絃の遊びで、琴(女三宮)、和琴(紫の上)、琵琶(明石の御方)、箏(明石の女御)に笙や笛などが加わって演奏していますが、どんな音楽が繰り広げられたのか、これを東野珠実作曲「幻想女楽 花かさね」(改定初演)でお聞き頂きます。
「琴(きん)」は七絃琴、古琴ともいい、今日、雅楽では用られませんが源氏物語には多く登場する楽器で、今回は琴演奏家の亮子氏に客演をお願い致しました。

源氏が笛を吹き、幼い若紫に箏を教える場面で登場する「保曾呂倶世利」(「紅葉賀」)は、高麗楽「長保楽破」として伝わる曲で、今日では専ら舞楽で演じられますが、今回は絃楽器を入れて管絃で演奏します。催馬楽「青柳」は船楽(「胡蝶」)や、源氏の四十の賀(「若紫上」)で歌われており、これを芝祐靖復曲版でお聞きいただきます。「秋風楽」は童舞として舞われた(「紅葉賀」)、和琴で弾いた(「乙女」)等の記述がありますが、今回は伶楽舎で復曲したもの(管絃16人編成)に和琴を加えてお届けします。

プログラム

  • 春鶯囀 颯踏・入破

舞楽「春鶯囀 颯踏・入破」
東野珠実作曲「幻想女楽 花かさね」(2008 作曲 改訂版初演)
管絃 高麗楽「長保楽破(保曽呂倶世利)」
催馬楽[「青柳」(芝祐靖復曲)
管絃「秋風楽」(伶楽舎復曲)

出演者

入場・チケット購入

  • 入場料
    前売
    3500円
    当日
    4000円
    学生
    2000円

    全席自由。学生券予約は伶楽舎 E メール・FAX のみ受付。当日学生証をお持ちください。

  • 代表的なチケット販売先のURL

    http://confetti-web.com/TOKYO-CONCERTS

  • 購入方法

    ・伶楽舎(枚数、氏名、電話・ファクス番号を明記ください。後ほど確認のご連絡をいたします。)
    E メール ticket@reigakusha.com (5/29 17:00 まで)
    FAX 03-5269-2011 *ファクスのみの取り扱い(5/29 17:00 まで)


    ・東京コンサーツ オンラインチケットサービス http://confetti-web.com/TOKYO-CONCERTS
    電話予約(カンフェティチケットセンター) tel. 0120-240-540(受付時間 平日 10:00~18:00 オペレーター対応)


    ・e+(イープラス) http://eee.eplus.co.jp/

問い合わせ

  • メールアドレス

  • 電話番号

    東京コンサーツ Tel:03-3200-9755 (平日 10:00~18:00 土日定休)

公開コンサートメモ一覧

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

コンサートカレンダー