クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

教会暦で巡る初期ルター派のビチニウム 13

聖霊降臨節:キリストが天に上げられ、聖霊が降る

2024年05月23日() 19:20 開演

La Paz (ラパス)大阪府

https://tiget.net/events/285944

 中世カトリック教会の在り方に疑問を投げかけたマルティン・ルターはカトリックから破門されましたが、ルターの考えに賛同する者が多く現れ、宗教改革をすすめるに至りました。その後、ルターが活動したヴィッテンベルクなどでは、16 世紀から17 世紀にかけて、2 声のポリフォニー楽曲「ビチニウム」の曲集がいくつか出版されています。

 ビチニウムはわたしたちが確認できているだけでも数百曲に及びますが、出版物や作品の一部にはルターや教会暦との密接な関連がみられるため、これらは初期ルター派によって音楽教育や礼拝に用いられていたのではないかと考えられます。

 2022年11月にはじまった本シリーズですが、本公演は2サイクルめの最終回として、2024年の聖霊降臨節のためのビチニウムを集めています。
 ルネサンス・ポリフォニーの技法が凝縮されたビチニウムの一曲一曲は短いものですが、教会暦や引用された聖書の言葉についてのトークを交えながら、各回十数曲のビチニウムを紹介してゆきます。

 キリスト教史でも音楽史でも触れられる機会の少ない「教会暦によるビチニウム」、聴いてみませんか?

プログラム

16・17世紀に書かれた聖霊降臨節のためのビチニウム(2声ポリフォニー)を演奏します。

―キリストの昇天のためののビチニウム―
作者不詳《世界のすべての地域に行き、述べ伝えなさい》(マルコによる福音書16:15-16)

―聖霊降臨のためのビチニウム―
作者不詳《自然とすべての言葉で話しはじめました》(使徒言行録 2, J. v. ボイスト)

―聖霊降臨の月曜日のためのビチニウム―
作者不詳《誰も心から最も大切なものを疑いませんように》(ヨハネによる福音書 3 (?), J. v. ボイスト)

―聖霊降臨の火曜日のためのビチニウム―
作者不詳《キリストよ、あなたは天の高みに至る真実の扉です》(ヨハネによる福音書 10 (?), J. v. ボイスト)

―三位一体(聖霊降臨後第1主日)のためのビチニウム―
作者不詳《誰も天に上がることはありません》(ヨハネによる福音書 3:13)

―三位一体後第1主日(聖霊降臨後第2主日)のためのビチニウム―
作者不詳《クロエススよ、あなたが》(ルカによる福音書 16:19-31, J. v. ボイスト)

―三位一体後第2主日(聖霊降臨後第3主日)のためのビチニウム―
作者不詳《ある人が大きな晩餐を催しました》(ルカによる福音書 14:16-17)

―三位一体後第3主日(聖霊降臨後第4主日)のためのビチニウム―
作者不詳《父よ、わたしは天に対して罪を犯しました》(ルカによる福音書 15:18-19)

―三位一体後第4主日(聖霊降臨後第5主日)のためのビチニウム―
作者不詳《慈悲深くなりなさい》(ルカによる福音書 6:36-38)

ほか(計15~20曲を予定)

出演者

入場・チケット購入

問い合わせ

公開コンサートメモ一覧

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

コンサートカレンダー