• トップ
  • フェルディナント・リース

フェルディナント・リース

1784年11月29日 - 1838年01月13日

ドイツ

フェルディナント・リース(Ferdinand Ries, 1784年11月29日受洗 - 1838年1月13日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。ベートーヴェンのピアノの弟子であり、晩年に師の回想録「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンに関する覚書」を執筆したことで知られる。 ピアニストとしてキャリアをスタートし、終生にわたり作曲家として活動。交響曲、ピアノ協奏曲、ピアノ曲、室内楽曲、オペラ、オラトリオなど、未出版作品を含め約300曲の作品を残した。作品の多くは死後に忘れ去られていたが、近年、急速に録音が進み、研究活動も活発化している。ベートーヴェン作品に強く影響を受けた古典派様式から出発し、初期ロマン派からロマン派に至る作風を呈している。

この作曲家の曲を演奏するコンサート

パシフィック フィルハーモニア東京 第167回定期演奏会

icon

2024年07月21日 () 14:00

icon

ベートーヴェン「レオノーレ」序曲、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲、フェルディナント・リース交響曲第2番

icon

指揮者: 飯森範親 / ヴァイオリン: マルク・ブシュコフ

icon

ベートーヴェン 序曲「レオノーレ」 第3番 作品72b / チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ⾧調 作品35 / フェルディナント・リース 交響曲第2番 ハ短調 作品80

  • 0
  • 0
  • 0