演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

第9回JCAユースクワイア

第9回JCAユースクワイア・コンサート

2020/03/28(土) 14:00 開演

活水高等学校チャペル (長崎県)

グレゴリオ聖歌:歌え、舌よ youtubeで曲を検索
アロンソ・ロボ:喪の調べをわたしの竪琴は奏で youtubeで曲を検索
オーランド・ギボンズ:主よ、私は静かに涙を流しながら youtubeで曲を検索
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ:来たれ、イエスよ、来たれ youtubeで曲を検索
アントン・ブルックナー:主に従う人は youtubeで曲を検索
グスタヴ・ホルスト:めでたし、マリア youtubeで曲を検索
サミュエル・ウェスリー:主よ、あなたが罪をすべて心に留められるなら youtubeで曲を検索
エドワード・エルガー:おお、荒れ狂う西風よ youtubeで曲を検索
チャールズ・ヴィラーズ・スタンフォード:青い鳥 youtubeで曲を検索
ボブ・チルコット:わたしは歌う、新しい人間を youtubeで曲を検索
ビートルズ:ブラックバード/アイ・ウィル youtubeで曲を検索

指揮

Nigel Short
キングズ・シンガーズのメンバーとしても活躍し、いま世界の主要な合唱シーンで活躍する英国の合唱団Tenebraeの指揮者・Nigel Shortと、厳しいオーディションを経て全国から集まった若い歌い手40名が長崎に集います。
キリスト教徒の弾圧や20世紀最大の戦禍の歴史を越えてきた長崎。その地での開催に深い意義を感じてくださったNigel Shortが編んだプログラムとは。悲しみを静かに湛え、主に祈りを捧げる無伴奏宗教曲。そして、冬の扉の向こうにある命の芽吹きを歓ぶように、悲しみの果てに広がる心の救いを歌う近現代の新しい合唱曲。
活水高校のチャペルに美しく響き渡るこれらの作品をどうぞお楽しみください。

入場料

1,500円

チケット購入方法

全日本合唱連盟ウェブサイト
https://jcanet.or.jp/event/jca-youth/9concert-ticket.htm

お問い合わせ