演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

古(いにしえ)の音 奏でる現在(いま)

いにしえのおと かなでるいま

2020/10/24(土) 15:00 開演

日本キリスト教団 島之内教会 (大阪府)

P.D.フィリドール:組曲第5番ホ短調 youtubeで曲を検索
A.ドルネル:組曲第2番ロ短調 youtubeで曲を検索
J.-M.オトテール:トリオソナタ第3番ロ短調 youtubeで曲を検索
M.マレ:組曲第3番ニ長調 youtubeで曲を検索

ゲスト出演者

リコーダー 花岡和生 配島友子
ヴィオラ・ダ・ガンバ 野田祐子
チェンバロ  岡本裕美
一つのウィルスの出現により、気軽に演奏したり出かけたりできなくなるとは、想いもよらないことでした。
しかし、300~400年前のヨーロッパでは今とは違い常に生と死が隣り合わせだったのではないでしょうか。
古(いにしえ)の人々に想いをはせ、現代を生きる私たちが300年前の音楽を演奏する意義をあらためて問いかけています。

リコーダーの花岡和生氏は関西に所縁がありますが、大阪での演奏会は久しぶりとなります。
関西で活動する古楽器奏者とでリコーダーのソロ&通奏低音とのトリオ等、フランスバロックのプログラムです。

入場料

4000円 /   学生2000円

お名前・連絡先をいただいた上で、事前予約のみとさせていただきます。
当日券は販売いたしません。

お問い合わせ

削除パスワード