演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

アンサンブル山手バロッコ

古楽器の響きで味わう「テレマン 食卓の音楽 第3集」

2021/02/13(土) 14:00 開演

神奈川県立県民ホール (神奈川県)

G.Ph.テレマン:食卓の音楽 第3集 2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための序曲 変ロ長調  youtubeで曲を検索
G.Ph.テレマン:同 フルート、ヴァイオリン、チェロと通奏低音のための四重奏曲 ホ短調 youtubeで曲を検索
G.Ph.テレマン:同 2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調 TWV 54:Es1 youtubeで曲を検索
G.Ph.テレマン:同 2つのフルートと通奏低音のためのソナタ ニ長調 TWV 42:D5 youtubeで曲を検索
G.Ph.テレマン:同 オーボエと通奏低音のためのソナタ ト短調 TWV 41:g6 youtubeで曲を検索
G.Ph.テレマン:同 2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための終曲 変ロ長調  TWV 50:1 youtubeで曲を検索

ゲスト出演者

高橋理恵子(フラウト・トラヴェルソ)、大山有里子、今西香菜子(バロック・オーボエ)、慶野未来、飯島さゆり(ナチュラル・ホルン)、坪田一子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

アンサンブル山手バロッコ:曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ) 、角田幹夫、大澤信行、原田純子、伊藤弘祥 (バロック・ヴァイオリン)、小川有沙(バロック・ヴィオラ) 、飯塚正己(コントラバス)、和田章(チェンバロ)
横浜港と姉妹港の関係にあり、交流を重ねているドイツ・ハンブルク港。このハンブルクの音楽監督として活躍したのが、バロック時代最大の流行作曲家・テレマンです。

その最高傑作は全3集から成る「食卓の音楽」。晩餐会のための音楽という名前をもつこの曲集をすべて演奏する、いわば「音の満漢全席」とも言えるコンサートシリーズが始まります。
第1回目は、食卓の音楽第3集全曲をお届けします。響き豊かなホールで、横浜の開港とハンブルクとの交流に思いをはせて、様々な組合せ・趣向で味わう音楽のひととき。豊かな空間においでください。 

入場料

入場料:3,000円(170席・予約制)

チケット購入方法

★ 感染症拡大に伴い、2月の開催を中止し、9月に延期開催としました。  開催日程・場所・時間については別途掲載いたします。★         
                                  感染症対策に従い、限定席で開催いたします。

予約・問合せ:アンサンブル山手バロッコ
予約は、演奏会開催や感染症拡大防止などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、「コンサート名、人数分のお名前、ご住所、お電話番号」を明記して電子メールで山手バロッコ(esyamasemi@yahoo.co.jp)までご連絡ください。
なお今後の感染状況の変化によりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。

お問い合わせ

削除パスワード