演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

(公財)浜松交響楽団

第90回定期演奏会

2021/03/21(日) 14:00 開演

アクトシティ浜松 大ホール (静岡県)

ワーグナー:歌劇「タンホイザー」(ハイライト) youtubeで曲を検索
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68 youtubeで曲を検索
~曲目ご紹介~
【ワーグナー/歌劇「タンホイザー」(ハイライト)】
官能的な愛と精神的な愛の間で葛藤する騎士タンホイザーが、乙女エリーザベトの自己犠牲に救済される物語を描いたワーグナー中期の人気作です。
有名な序曲、雄大壮麗な「大行進曲」、「巡礼の合唱」、エリーザベトの「歌の殿堂」、ヴォルフラムの「夕星の歌」など聴きどころ満載です。
ナレーションと字幕付きでストーリーを追いながらお楽しみいただけます。


【ブラームス/交響曲第1番 ハ短調 作品68】
「ベートーヴェンの第10交響曲」と名づけられるほど、ベートーヴェンの交響曲を系統的に受け継いだ構成と、その完成度の高さにおいて、交響曲史上でも最も聴き応えのある作品のひとつとなっています。素直に「すごい曲だ」と、オーケストラの響きの充実感を楽しめる傑作です。

指揮

北原幸男

ゲスト出演者

ソプラノ:森谷真理
バリトン:青山貴
合唱:浜松合唱団
ナレーター:山田門努
演出:中村敬一
~創立45周年 ドイツロマン派の神髄に迫る~
浜響創立45周年を記念し、長年ドイツを中心に活躍され、ドイツ音楽に造詣の深い北原幸男さんを指揮者にお迎えし、ドイツロマン派の2大作曲家、ワーグナーとブラームスを取り上げます。
前半は、日本を代表するソリストの森谷真理さんと青山貴さんをお迎えし、「絶望から救済へ」をテーマにしたワーグナーの歌劇「タンホイザー」をハイライトでお送りします。
後半は、「苦しみから勝利へ」をテーマにしたブラームスの交響曲第1番を演奏します。
未曾有のコロナ禍を乗り越え、生の音楽が持つエネルギーを、全身全霊を込めてお届けいたします。

入場料

指定席S 2000円
指定席A 1500円 

チケット購入方法

浜松交響楽団事務局(TEL/FAX:053-454-6722) 
アクトシティチケットセンター 
HCFオンラインショップ(https://www.hcf.or.jp/shop/) 
<当日券販売開始12:30>

お問い合わせ

削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります