新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

青葉マンドリン室内楽団コンサート2022 東京公演

【3人のマンドリニスト】

2022年06月18日() 15:30 開演

現代ギター社 GGサロン(豊島区千早1-16-14)東京都

http://www.aoba-mandolin.com/project/concert.html

青葉マンドリン室内楽団コンサート2022 東京公演

3人のマンドリニストが、マンドリン属の楽器のみで生み出される音楽を奏でます。
華やかで可憐な音で親しまれているマンドリンの、純粋な響きをお届けします。
3人の息の合ったアンサンブルと、各人のソロでお楽しみください。

《出演》肝付 兼美(マンドロンチェロ/マンドラ/リュート・モデルノ)
    田中 昌江(マンドリン)
    田本 美子(マンドリン)

・第1部最初は、有名なヴィヴァルディの「2つのマンドリンのための協奏曲」全曲を、チェンバロに近い音色を持つリュート・モデルノの伴奏でお届けします。
・続いて、パリで出版されていた専門誌 L’Estudiantina に1932年に楽譜が掲載された、マンドリン2本とマンドラの三重奏のために編曲(おそらくマチョッキによって)されたバロック音楽の名曲を3曲お聴き頂きます。
・第1部ラストは、マンドロンチェロ独奏曲の中で最高難度の大曲「夜想的幻想曲」を10年ぶりにお送り致します。生の実演を聴けるチャンスがなかなかない曲ですから、マンドロンチェロ好きのかたはどうぞお聴き逃しなく。
・第2部は最初に田中が、マンドリン1本でチャルダーシュ形式の音楽を創出する難曲「演奏会用幻想曲」(ベラーティ)を、続いて田本が、日本の洋楽黎明期に活躍したサルコーリの名曲「月に向かいて」を演奏します。
・そして再び3人で、現代ドイツの作曲家アンブロジウスの「2つのマンドリンとマンドラのための三重奏曲」の、バラエティに富んだ5楽章をお楽しみ頂きます。
・大トリは、有名な管弦楽曲「ペルシャの市場にて」を、たった3人(マンドリン2本とマンドロンチェロ)でダイナミックに歌い上げます。

聴きどころ満載のコンサートに、ぜひ足をお運びください。

プログラム

  • 2つのマンドリンのための協奏曲

    A.ヴィヴァルディ/肝付兼美 編曲

  • 宗教的なアンダンテ

    G.F.ヘンデル/M.マチョッキ編曲

  • クラヴサン曲集第1巻より第5曲「サラバンド」

    J.P.ラモー/M.マチョッキ編曲

  • アリエッタ「カロ・ミオ・ベン」

    G.ジョルダーニ/M.マチョッキ編曲

  • マンドロンチェロ独奏のための「夜想的幻想曲」

    肝付兼美

  • マンドリン独奏のための「演奏会用幻想曲」

    A.ベラーティ

  • セレナード「月に向かいて」

    A.サルコーリ

  • 2つのマンドリンとマンドラのための三重奏曲 イ短調

    H.アンブロジウス

  • ペルシャの市場にて

    A.W.ケテルビー/田中昌江 編曲

出演者

  • 肝付 兼美

    マンドロンチェロ/マンドラ/リュート・モデルノ

  • 田中 昌江

    マンドリン

  • 田本 美子

    マンドリン

入場・チケット購入

問い合わせ

チェックイン一覧

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

コンサートカレンダー