クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

diversEnsemble Concert #4

2023年04月22日() 14:00 開演

川西市キセラホール兵庫県

https://teket.jp/845/19411

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調 “田園” / リヒャルト・シュトラウス 13管楽器のためのセレナーデ / 吉松隆 サイバーバード協奏曲
指揮:松永 健司郎
ゲストコンサートマスター:久津那 綾香

ソリスト
Alto Saxophone:松葉 彩
Piano:明石 幸大
Percussion:岸田 うらら

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

動画

コンサートについて

ライブ(生演奏)でしか味わえない、感動がある。
三位一体で挑む現代協奏曲の最高峰、サイバーバード協奏曲。
その鮮烈な音色は、混沌と無機質な繋がりが支配する
この現代を鮮やかに塗り替える閃光となるだろう。

毎回協奏曲をメインにし、その選曲をソリストが行うという異彩を放つ演奏会も今回で4回目。
今回は予てからリクエストが多かった2020年に行うはずだった幻の公演を、振替公演として3年の時を経てリベンジします。

ベートーヴェン「田園」は不朽の名作にして、後の交響詩や標題音楽の先駆ともなった革新の作品。2楽章における鳥のさえずりの描写を始め、穏やかな田園風景と自然への感情や敬意を、伝統的な交響曲の枠組みで描き切りました。
R.シュトラウス「13管楽器のためのセレナーデ」は、作曲家の名を世に知らしめた出世作。木管アンサンブルの長閑な響きの中にも特徴的なホルンの使い方など、後年に通じるシュトラウスのエッセンスを楽しんで頂けます。
そしてメインは吹奏楽指導者やワールドシッププロジェクトでも活躍する松葉 彩さんが選曲した、吉松隆:サイバーバード協奏曲。 ジャズやロック、エスニックな要素まで内包するこの現代サクソフォン協奏曲の最高峰に、旧知の仲でもあるピアニスト・明石 幸大さん、カホニストとしても活躍する打楽器奏者・岸田 うららさんと共に三位一体となって挑みます!

曲ありきならばソリストを変えてでも行うところですが、そこは「ソリストありき」をポリシーとするdiversEnsemble。
この3人でしか成し得ないと信じているからこそ、そして「ライブ(生演奏)でしか味わえない、感動がある。」という信念があるからこそ、実演の機会を伺い、そして実現する事ができました。
3人のソリストが再び集結する時が来た今、ようやくお届けできる事を嬉しく思います。
ソリストを始め、現代を生きるアーティスト達の眩しいまでの煌めきを、是非、会場で体感していただければと思います。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!