おん・ぶん・きょうスペシャル第32回よこはまマリンコンサート

今こそ私たちに”音楽の力”を

2023年07月23日() 13:30 開演

横浜みなとみらいホール大ホール神奈川県

https://onbunkyo.com/

ピアノ: 北島 公彦

ピョートル・チャイコフスキー 弦楽セレナーデ ハ長調より第1曲 / リヒャルト・シュトラウス 13管楽器のためのセレナーデ 変ホ長調 / マスネ 歌劇「エロディアード」&「ウェルテル」 / セルゲイ・ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36 / セルゲイ・ラフマニノフ ヴォカリーズ / ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 交響曲第40番 ト短調
チャイコフスキー:「ソナチネ形式による小品」という副題が付いているこの曲は、スケールの大きい感動的な主題で始められる。N響アワーのオープニングにも使われたり、製薬会社のコマーシャルなどにも使われ耳に方もおおいことであろう。弦楽器の魅力が放射される。
・リヒャルト・シュトラウス:管楽器の精緻なアンサンブルが楽しめる美しい曲
・マスネ:日本ではなかなか聴くことの出来ない、マスネのオペラアリアは楽しみ。歌劇「エロディアード」より、ユダヤ王のアリア「はかない幻よ」(バリトン)、歌劇「ウェルテル」より、ウェルテルのアリア「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか」(テノール)
・サン=サーンス:「アヴェ・マリア」このタイトルからは女声をついつい連想させられるが、今回は男性二人のデュエットでお届けする。
・ラフマニノフ:酸いも甘いも知ったヴィルトゥーゾ・ピアニストが余裕で演奏できないと、なかなかこの曲の良さは伝わらない。真のマスターピースである。
・ラフマニノフ:「ヴォカリーズ」6分ほどの小品であるが、管弦楽とソプラノ歌手との響きの融合が魅惑
・W.A.モーツァルト:短調の作品が少ない極めて少ないモーツァルトであるが、この曲は極め付け中の極めつけ、とも言うべき名曲である。テーマを聴くだけで心を惹かれる。

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

今年生誕150年を記念して演奏されるラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.36 です。パワーと情熱、そしてロシア作品らしいメランコリーとペシミズム。それらをベテランらしい多彩なタッチから醸成されるソノリティーで演奏します。そして、冒頭のチャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調から最後には名曲中の名曲、モーツァルト:交響曲第40番ト短調 に至るまで、充実した名曲のオンパレード。途中にはマスネのオペラ「ウェルテル」等のアリアやラフマニノフ:ヴォカリーズも聴けます。豪華な演目が並ぶ中味の濃いジョイント形式のガラ・コンサートです!

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり