クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

フォルテピアノで聴くドイツリートの愉しみ 「アデライーデ」

~ ベートーヴェンからシューベルトへ~

2023年10月14日() 14:00 開演

山王オーディアム東京都

https://tiget.net/events/257174

ソプラノ: 馬淵元子 / フォルテピアノ: 上尾直毅

◆ベートーヴェン(1770-1827)
炎の色 Feuerfarb op.52-2
モリーの別れ Mollys Abschied op.52-5
愛 Die Liebe op.52-6
アデライーデ Adelaide op.46  
ウズラの鳴き声 Der Wachtelschlag WoO129
ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 op.27-2「月光」

◆シューベルト(1797-1828)
アデライーデ Adelaide D95
糸を紡ぐグレートヒェン Gretchen am Spinnrade D118 
羊飼いの嘆きの歌 Schäfers Klagelied D121
湖上にて Auf dem See D543  
鱒 Die Forelle D550 
丘の上の若者 Der Jüngling auf dem Hügel D702  
憧れ Sehnsucht D516
エアラーフ湖 Erlafsee D586 
川辺で Am Strome D539  
夜曲 Nachtstück D672  
ウズラの鳴き声 Der Wachtelschlag D742

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

18世紀末から19世紀初頭、ウィーンの街に生きたベートーヴェンとシューベルト。本公演では、フォルテピアノ奏者の上尾直毅さん共に、この二人の作曲家それぞれの初期・中期に書かれた瑞々しい歌曲作品に焦点を当てます。
使用するフォルテピアノは、アントン・ヴァルター製作(1795年頃)モデルのレプリカ(野神俊哉氏製作、2005年)。
ベートーヴェンの歌曲〈アデライーデ〉や〈ウズラの鳴き声〉は小カンタータと呼べるような作品ですが、この同じ詩にシューベルトも曲をつけており、両者の比較は興味深いところ。シューベルトでは〈糸を紡ぐグレートヒェン〉〈鱒〉などよく知られた歌曲に加えて、1822年に出版された作品8の全4曲(D702, D516, D586, D539)を採り上げます。演奏される機会の少ない作品ですが、マイアホーファーらの詩に寄り沿うシューベルトの抒情性が光る名曲ぞろいです。
そしてさらに…、上尾さんの独奏によるベートーヴェンの「月光ソナタ」は必聴です!!
これまでも数々フォルテピアノ演奏の舞台となってきた大森「山王オーディアム」の親密な響きの空間にて、どうぞお愉しみ下さい。 (馬淵元子)

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する