クァルテット ベルリン-トウキョウ(QBT)岡山公演2023

2023年10月06日() 19:00 開演

岡山県立美術館 ホール岡山県

https://doseikai.cielow.co.jp/schedata/pdf/2796.pdf

ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ長調 Op64-5「ひばり」 / シュルホフ 弦楽四重奏のための5つの小品 / シューベルト 弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調「死と乙女」

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「クァルテット ベルリン-トウキョウ(QBT)岡山公演2023 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

Violin I : 守屋 剛志 
Violin II : Dimitri Pavlov
Viola : Gregor Hrabar
Cello : 松本瑠衣子

岡山では4年ぶりの開催となります。オルランド国際コンクールで優勝し、数々の国際音楽祭に出演している4人の弦楽の響きをお楽しみください!!
............................................................................

“ 彼らは「精神性のある音楽」と「構造を解明するセンス」を組み合わせる術を知っている”("Echo" Germany, 2016)

“ 彼らの真摯な演奏は 音楽への愛情と熱意が強く伝わってくる感動的なものである”(細川俊夫)

“...最初の瞬間から聴衆に電流が流れた...高い緊張感をもって、クァルテットは彼らの威厳を示し、音は肌の下に流れた。"(Allgemeine Zeitung" Germany, 2015)

*『ポポーフ・シュルホフCD』がピチカート・ジャーナルで5つ星レビューを獲得!!
"...非常に凝縮された演奏...具体的な音楽... この音楽が修辞的になるのは、QBTがここで伝えたいことを本当に持っているからだ。表現的には、パロディや皮肉からグロテスクなもの、抑えがたい活力まで幅広い。QBTの音楽家たちはメッセージを研ぎすまし、しかし適切な範囲にとどめ、その解釈に魅力と工夫の両方をもたらしている。" (Pizzicato.lu 12/2021)

*QBTホームページより

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!