L.v.B.室内管弦楽団 室内楽演奏会vol.21

2024年01月21日() 13:30 開演

横浜みなとみらいホール小ホール神奈川県

https://ludwig-b.blogspot.com/

W.A.モーツァルト 弦楽四重奏曲第4番 ハ長調 K. 157 / W.フィッツェンハーゲン アヴェ マリア 作品41 / W.フィッツェンハーゲン 演奏会用ワルツ 作品31 / M.ブルッフ 『8つの小品』作品83より / A.ドヴォルザーク ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 作品87 B.162 / J.ハイドン 交響曲第46番 ロ長調 Hob. I:46

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

モーツァルトの弦楽四重奏はいわゆる「ハイドン・セット」が人気なのだが、前期作品こそがモーツァルト of モーツァルトであるとするファンも多い(独断)。
フィッツェンハーゲンはチャイコフスキーから「ロココの主題による変奏曲」を献呈されたチェリストで、チェロの作品を多く残している。この楽器の魅力を引き出した小品を楽しめることだろう。
ブルッフと言えばヴァイオリン協奏曲を思い浮かべるのだが、実はビオラの作品も人気だ。晩年、息子マックス・フェリックスのために書かれた2つの作品は内声部の豊かな音色を活かした作品となっている。
最近プログラムに名前が出ることの多いドヴォルザークはピアノ四重奏曲第2番。もはや説明するまでもない稀代のメロディーメーカーの曲を楽しむのみだろう。
最後の合奏パートではハイドンの第46番。同時期の「告別」の陰に埋もれがちなのだが、ロ長調という調性による不思議な世界観と、ハイドンが各所に埋め込んだ「仕掛け」にニヤっとする1曲だ。


入場無料です
どうぞお気軽にご来場ください

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

進藤実優ピアノリサイタル

進藤実優ピアノリサイタル

icon 2024/07/20 13:30

icon

いま世界が注目するピアニストが紡ぐベートーヴェン三大ソナタ

新交響楽団 第266回演奏会

新交響楽団 第266回演奏会

icon 2024/07/28 14:00

icon

驚天動地の前衛音楽-ストラヴィンスキー「春の祭典」

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!