クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

日本フィルハーモニー交響楽団 第759回東京定期演奏会 非公式情報

2024年04月12日() 19:00 開演

サントリーホール 大ホール東京都

https://japanphil.or.jp/concert/20240412

指揮者: 下野竜也

シューベルト 交響曲第3番 ニ長調 D.200 / ブルックナー 交響曲第3番 ニ短調 WAB.103

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「日本フィルハーモニー交響楽団 第759回東京定期演奏会 」 と「日本フィル 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

下野竜也が描くウィーンにまつわる2人の大作曲家の肖像画

いつもは現代音楽中心の下野竜也との定期演奏会。ただ今回は珍しく(?)ロマン派だけで構成されたプログラムをお贈りします。音楽都市ウィーンを舞台にした二人の作曲家の物語。ともに9曲ちかくの交響曲を残したシューベルトとブルックナーそれぞれの、「3番」シンフォニーを演奏いたします。それまでの習作時期と後年に花開く明確な個性とを繋ぐ絶妙なタイミングで描かれた2曲。シューベルト作品からは先達ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンからの影響と、この作曲家ならではの「うた」の融合を。生誕200年のブルックナー作品からはオーストリアの民族色とワーグナーからの影響、そして作曲自身のオリジナリティの萌芽を感じ取っていただけると思います。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する