Project Alrescha vol.2

2024年03月30日() 19:00 開演

ガルバホール東京都

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/027nt99jvch31.html

サクソフォン: 上原雅史 / フルート: 森岡有裕子 / ピアノ: 石川武蔵

シャルル・ケクラン 15のエチュード(抜粋) / シャルル・ケクラン ペルシャの時(抜粋) / シャルル・ケクラン フルートソナタ / シャルル・ケクラン ジーン・ハーロウの墓碑銘 / 増井哲太郎: 午睡から目醒めると忘れてしまう五つの永日夢 / 旭井翔一: 委嘱作品

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「Project Alrescha vol.2 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

「Project Alrescha」は、うお座のα星アルリシャ(ひもの意)の語から、サクソフォンと他の楽器とを、そして過去と現在の作曲家とを結び、サクソフォンの新たな可能性を追求するための企画である。
本公演ではフランス近代の作曲家 、シャルル・ケクランに焦点を当て、ケクランの諸作品を演奏するとともに、ケクランの《ジーン・ハーロウの墓碑銘》と同編成の新曲を委嘱し、初演する。
新曲は、桐朋学園大学を卒業し、現在洗足学園音楽大学で教鞭を執っている増井哲太郎氏と、 東京藝術大学を卒業後、様々な団体・個人から作品を嘱望されている旭井翔一氏に依頼した。

【出演】
上原 雅史(サクソフォン)
森岡 有裕子(フルート)
石川 武蔵(ピアノ)

【曲目】
・シャルル・ケクラン
:15のエチュード Op.188 より
:ペルシャの時 Op.65 より
:フルートソナタ Op.52
:ジーン・ハーロウの墓碑銘 Op.164
・増井 哲太郎:午睡から目醒めると忘れてしまう五つの永日夢(委嘱新作)
・旭井 翔一:委嘱新作
 
※出演者、曲目等は変更となる場合があります。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり