クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第150回定期演奏会 非公式情報

角田鋼亮×林英哲 飛天遊&英雄の生涯

2024年05月11日() 15:00 開演

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール兵庫県

https://hpac-orc.jp/concert/2343/

指揮者: 角田鋼亮 / 太鼓: 林英哲

ハイドン 交響曲 第103番 変ホ長調 「太鼓連打」 Hob.I:103 / 松下功 和太鼓協奏曲「飛天遊」 / R.シュトラウス 交響詩 「英雄の生涯」op.40, TrV190

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「兵庫芸術文化センター管弦楽団 第150回定期演奏会 」 と「兵庫芸術文化センター 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

豪華絢爛!太鼓×オーケストラ!

PACとはジルヴェスター・ガラ・コンサート等で共演を重ね、今最も注目される若手指揮者の一人である角田鋼亮がPAC定期初登場。全3曲をお届けします。
1曲目はハイドンの交響曲103番「太鼓連打」。第1楽章でティンパニが静かに連打されるところから「太鼓連打」の呼び名がついた、ハイドンの交響曲の代表作の一つです。次の松下功作曲・和太鼓協奏曲「飛天遊」では、大小さまざまな和太鼓が登場!太鼓の可能性を開拓し続け、世界的に活躍する太鼓奏者・林英哲をソリストに迎えます。2000年、ベルリン・フィルとの共演で2万人を超える聴衆を圧倒させた和太鼓の響きをぜひ体感してください。
最後にお届けするのはR.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」。作曲家自身がモデルになったとも言われる「ある英雄」の生涯が、大編成のオーケストラによって描かれます。どの楽器にも聴かせどころがあり、演奏者の技量を楽しめるのも魅力の一つです。
東西の太鼓の魅力と大迫力のオーケストラを一度に楽しめる豪華プログラムに、どうぞご期待ください。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する