廣江理枝オルガン・リサイタル

オルガン交響曲の極み

2024年05月21日() 19:00 開演

武蔵野市民文化会館 小ホール東京都

https://www.officearches.com/concert/2024-05-21/

オルガン: 廣江理枝

Ch.=M. ヴィドール: オルガン交響曲 第10番 「ロマネスク」op.73 / L. ヴィエルヌ オルガン交響曲 第6番 op.59

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「廣江理枝オルガン・リサイタル 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

19世紀パリに花開いたオルガン芸術の極み、「オルガン交響曲」。たった一人、オルガンでシンフォニック・オーケストラに匹敵する音楽を演じるこのジャンルは、セザール・フランクの《交響的大曲》を起点とし、Ch.=M.ヴィドールとL.ヴィエルヌによってクライマックスを迎えました。この両人によるそれぞれ最後の交響曲は、どの楽章にも同一主題が形や雰囲気を変えて顔を見せる「循環形式」という共通点を持ちます。
ヴィドールの交響曲第10番「ロマネスク」は、教会建築のロマネスク様式から霊感を得て作られました。全楽章に通じる循環主題には、ロマネスク建築における曲線的なアーチ天井を彷彿とさせる、流れるような旋律の復活祭のグレゴリオ聖歌が使われ、復活の大いなる喜びを高らかに歌い上げます。ヴィエルヌの交響曲第6番には半音階が多く使われ、そのことが幾分難解な印象を与えますが、底抜けに祝祭的な最終楽章では、足鍵盤の超絶技巧も駆使され、長大な交響曲を締めくくります。
フランスの天才サンフォニスト(交響曲を多作した作曲家)たちの傑作を一夜でお聴きいただける本演奏会、ぜひお楽しみにご来場ください。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり