演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

合唱団「Tokyo Trinity Chor」

第2回演奏会「遺志を継ぐ」

2016/02/14(日) 14:00 開演

調布市グリーンホール大ホール (東京都)

W.A.モーツァルト:レクイエム(ジュスマイヤー版) youtubeで曲を検索
A.サリエリ:戴冠式テ・デウム(感謝の讃歌) youtubeで曲を検索
F.X.ジュスマイヤー:アヴェ・ヴェルム・コルプス youtubeで曲を検索

指揮

木村康人

ゲスト出演者

糸川絵美(独唱:ソプラノ)
山本彩子(独唱:メゾソプラノ)
前田ヒロミツ(独唱:テノール)
渡部智也(独唱:バス)

東京トリニティ祝祭管弦楽団(管弦楽)
2014年3月に、「5大レクイエム演奏」を目標に掲げ誕生した合唱団「Tokyo Trinity Chor(東京トリニティ・コール)」が、2015年1月の初の演奏会「レクイエム/フォーレ」に続き、2016年に取り組んできたのは「レクイエム ニ短調(Requiem in d-Moll)/モーツァルト」。この名曲を完成へと導いたオーストリアの作曲家『フランツ・クサーヴァー・ジュスマイヤー』生誕250周年を記念し、2016年は、同曲の演奏に挑戦いたします。 

モーツァルト、サリエリ、という二人の天才音楽家の物語は、映画『アマデウス』の影響もあってよく知られていますが(但し、映画のストーリーはフィクションとのこと)、「レクイエム」という名曲を通してこの偉大な音楽家たちの生涯を眺めてみると、さらにサリエリの弟子であり、モーツァルトとも親密な関係にあった『ジュスマイヤー』の運命も、この偉大な音楽家たちのドラマに深く関わって参ります。命尽きるまで「レクイエム」の作曲に挑み続けた、史上最高の天才音楽家『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト』。さらに、彼の死後、遺志を引き継ぎ「レクイエム」を完成へと導いた若き音楽家『フランツ・クサーヴァー・ジュスマイヤー』。そして、望まぬ運命の流れに翻弄されつつも、「レクイエム」の初演の指揮を務めることになる『アントニオ・サリエリ』。第2回の演奏会では、この三名の音楽家たちが「音楽」の糸で紡がれた運命の内に遺した、数々の名曲を演奏いたします。

入場料

1,000円(全席自由)

お問い合わせ