演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

シュタール・フィルハーモニー管弦楽団

古典派の神髄に迫る ~若きチェンバーオケの挑戦~

2019/02/24(日) 14:00 開演

阿倍野区民センター 大ホール (大阪府)

ベートーヴェン:交響曲第2番 youtubeで曲を検索
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 youtubeで曲を検索
ロッシーニ:『アルジェのイタリア女』序曲 youtubeで曲を検索

指揮

大山平一郎 阿曽沼飛昂

ゲスト出演者

ヴァイオリン 石上真由子
シュタール・フィルハーモニー管弦楽団は、
「妥協なく高い演奏水準を目指し、名曲の持つ素晴らしさを伝える」
ことをモットーに、関西を中心に活躍するトップアマチュアプレーヤーから構成されており、
老若男女分け隔てなく、みんなで楽しめるコンサートを目指しています。

今回の演奏会では、芸術監督・指揮者に大山 平一郎氏を、ヴァイオリンソリストに石上 真由子氏を、ゲストトップにNHK交響楽団ヴィオラ次席奏者の中村 洋乃理氏、大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者の諸岡 拓見氏を迎え、チェンバーオーケストラという小規模編成で”古典派の神髄”に迫ります。

入場料

大人 3,000円
学生 2,000円
自由席

チケット購入方法

チケットぴあよりお買い求めいただけます。
 Pコード:138-036
 TEL:0570-02-9999

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1859226

お問い合わせ