演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

オンライン講座「大聖堂の祈りと放浪芸人の世界」音楽図像学入門

豊富な図像資料を駆使し、中世ヨーロッパの音楽生活について解説

2021/03/14(日) 14:00 開演

オンライン (オンライン開催)

講師:中川 つよし(和光大学非常勤講師)

中世ヨーロッパの音楽を、大聖堂の建造やサンティアゴへの巡礼、ハーメルンの笛吹男伝説など興味深いエピソードを織り込みながら、豊富な図像資料・音源・動画鑑賞を交え、分かりやすく解説します。

1) 中世という時代と中世の音楽生活について概説します。
2) 大聖堂の建造が盛んになった12~13世紀に、フランスで、現在では「ノートルダム楽派」の名で知られる、新しい宗教音楽が誕生します。この音楽作品の作られ方が、大聖堂の建築様式と深く関連していることを考察します。
3) ジョングルールと呼ばれる放浪芸人の音楽と生活を紹介します。彼らは祭りや市(いち)で楽器演奏や舞踏、その他さまざまな娯楽を提供するエンターテイナーでしたが、普段は教会から忌み嫌われる被差別階級の人達でした。彼らが生きた世界を「巡礼」「楽器の伝播」「サロメの舞踏」「動物使い」などをキーワードに、豊富な図像資料を用いて図像学的に読み解いていきます。

入場料

3,000円(資料代込み)

チケット購入方法

「絵画の中の音楽-大聖堂の祈りと放浪芸人の世界」音楽図像学入門3
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
https://www.street-academy.com/myclass/101812?conversion_name=direct_message&tracking_code=3931eaa790709a60414d0d2fd6677297
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お問い合わせ

削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります