新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

音楽集団おとつくらぼ 第04回 新作演奏会 “一水四見”

【ライブ配信も同時開催】

2022年01月22日() 13:30 開演

フェニーチェ堺 小ホール大阪府

https://www.ototsukulabo.com/

音楽集団おとつくらぼ 第04回 新作演奏会 “一水四見”

 「音楽集団おとつくらぼ」は、演奏会の中で「作曲」に焦点をあてた団体で、作曲家には「試行錯誤の場」の創出を、演奏家には「作曲家と作品を『完成』する体験の共有」を目的としています。
 4人の作曲家が同じテーマで自由に作曲し、プログラムはすべて新作初演。同じテーマをどう捉え、どう表現するのか、その違いを楽しんでいただければと思います。また、すべて新作初演のため、どんな作品が飛び出すかは予習不能。古典的?ロマン派的?ポップな作品?映画音楽みたい?ジャズ?前衛的?現代的?実験的?……来てのお楽しみ、感じるままに楽しんでいただければと思います。

 第04回となる今回の新作演奏会、今回のテーマは「一水四見」と題し、「四字熟語」がタイトル、テーマの作品です。四字熟語の選定は各々に任せています。
 良く知られている四字熟語で言えば「花鳥風月」や「喜怒哀楽」なんかは比較的作品にしやすい四字熟語かなと思いますが、四字熟語は総じて特定のモノやストーリーを指さず、音楽作品として構成しにくいテーマだと思っています。広く知られている四字熟語を選ぶか、あるいは聞きなれない四字熟語を選ぶか、語感は、各漢字の意味は等々、テーマの選定からセンスが問われます。自由度の高い故に作品の構築が難しい、そんなテーマにチャレンジしました。今回もテーマ選びから個性が溢れていますので、お楽しみに。

 ちなみに演奏会のタイトルにもなっている「一水四見」は、「(同じ水でも)立場によってものの見方が変わる」という意味です。今回の作曲者四人は、どのようにテーマを選定し、そしてどのような作品に仕上げたのでしょうか。演奏家は、初めての作品にどう取り組み、形にしたのでしょうか。ここで初めて聴ける、ここから発信される作品たちを、ぜひ会場で一緒に見届けましょう。

プログラム

  • 「一水四見」のための音楽

    得本和音

  • 明鏡止水 - 6人のクラリネット奏者のための

    得本和音

  • 山精木魅 オーボエ、バスーン、ホルンのための

    川田佳誠

  • 天真爛漫 木管五重奏のための

    川田佳誠

  • 室内楽のための『花紅柳緑』

    高畑和輝

  • 「疑心暗鬼」5人のクラリネット奏者のための

    高畑和輝

  • 管楽五重奏曲第一番 ハ短調 Op.3 "懐古趣味"

    足羽大輝

全曲書き下ろしの新作初演
当日はYoutube配信もございます。
ホームページもしくはYoutubeからご覧ください。

出演者

入場・チケット購入

  • 入場料

    入場無料

  • 購入方法

  • 未就学児入場可能

    特に制限はしておりませんが、全曲新作初演の為、有名曲等は一切ありません。

問い合わせ

チェックイン一覧

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

コンサートカレンダー