鶴見de古楽 井上景 19世紀ギター・リサイタル Vol.3

古典派の小径で

2023年05月11日() 19:00 開演

サルビアホール 音楽ホール神奈川県

https://bit.ly/3UFa0ir

19世紀ギター: 井上 景

フェルナンド・フェランディエレ 「スペイン風ギターの演奏の技法」より コントラダンツァ、迷宮もしくは和声の環 他 メヌエット 、 「マシアス・ホセ・マエストロ音楽帳」より ソナタ、ラルゴ、アンダンテ・ソナタ、シャルル・ドワジー 「ギターの一般原理」(より 小さなエール、フェルディナンド・カルッリ  ギターまたはリラのためのソナチネ op.7-1、ジモン・モリトール「ギター演奏のための完全な教則試論」より モーツァルト による2つのアンダンテ(オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」より)、ニコロ・パガニーニ フランス風ギターのためのソナタ 他

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

古典主義文化流行の18世紀末にギターの姿は大きく変わりスペインでは広い音域を持つ6コース(複弦)ギターが、フランスでは澄んだ音の出る5弦(単弦)ギターが愛され、19世紀ロマン主義の色が差しそめるとギターは6本の弦を張るものとして広くヨーロッパに定着。知られざるギターの名品と共に井上景が6コースギターと19世紀ギターの2つの楽器を弾きわけ、当時愛着の音色を再現する貴重な演奏会。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり