クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第143回定期演奏会 非公式情報

2023年08月04日() 15:00 開演

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール兵庫県

https://hpac-orc.jp/concert/1880/

指揮者: 佐渡 裕 / ヴィオラ: 谷口 朱佳

ベンジャミン・ブリテン 歌劇「ピーター・グライムズ」より「4つの海の間奏曲」 / パウル・ヒンデミット 室内音楽 第5番 / ヨハネス・ブラームス 交響曲 第2番

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

オーケストラが描き上げるさまざまな大自然の姿

シーズンの最後を飾るのは、佐渡裕芸術監督こだわりの多彩なプログラム。20世紀イギリスの作曲家、ブリテンのオペラ「ピーター・グライムズ」は、1945年に初演された代表作。その組曲「4つの海の間奏曲」について佐渡芸術監督は、「バーンスタインが最後の来日公演で取り上げた特別なレパートリー。嵐や月の夜の情景を神秘的に描き、ブリテンの天才ぶりが示されている作品です。これまでPACでブリテンを紹介する機会は多くなかったけれど、今後取り上げていきたい大好きな作曲家」と話します。
同じく20世紀、ドイツで活躍したヒンデミットの室内協奏曲第5番は、ヴィオラの協奏的作品。ソリストには、佐渡芸術監督が演奏を聴いて圧倒されたという逸材、谷口朱佳を迎えます。
後半は、ドイツ後期ロマン派の作曲家、ブラームスの交響曲第2番。美しい湖畔の街ペルチャハで着手された作品で、大自然を思わせる穏やかな音楽が魅力です。
「20世紀の新しい作品に触れつつ、ドイツ音楽を代表するあたたかい作品をじっくり楽しむことで、やはりオーケストラっていいなと感じていただけたら」と佐渡芸術監督。その音と描写力に圧倒される時間を、お楽しみに。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!