クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

大阪交響楽団 第129回 名曲コンサート 非公式情報

2023年11月11日() 17:00 開演

ザ・シンフォニーホール大阪府

https://sym.jp/pages/682/#block2040-2853

指揮者: 柴田真郁 / ソプラノ: 中川郁文 / アルト: 山際きみ佳 / テノール: 渡辺康 / バス: 田中大揮 / 合唱: 大阪響コーラス

ミヒャエル・ハイドン 交響曲 第39番 ハ長調 P.31,MH478 / モーツァルト 交響曲 第25番 ト短調 K.183(173db) / モーツァルト 死者のためのミサ曲「レクイエム」二短調K.626(レヴィン版)

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「大阪交響楽団 第129回 名曲コンサート 」 と「大阪響 大阪交響楽団 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

公演団体/音楽家

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

ミュージックパートナー・柴田真郁ならではの異彩を放つプログラム。モーツァルトの「宿命の調性」と呼ばれるト短調の交響曲第25番と、デモーニッシュな調性とも形容されるニ短調のレクイエム――本公演で使用するのは現代アメリカの音楽学者ロバート・レヴィンによる補筆完成版です。第8曲「ラクリモーサ(涙の日)」に続く形で補筆された壮大なアーメン・フーガなど、大いなる感興を呼び起こすに違いありません。そしてモーツァルト最後の交響曲「ジュピター」へ影響を与えたとされるミヒャエル・ハイドン(ヨーゼフ・ハイドンの弟)の交響曲第39番もどうぞお楽しみに!

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!