東京都交響楽団 第989回定期演奏会Cシリーズ(平日昼) 非公式情報

2023年12月08日() 14:00 開演

東京芸術劇場 コンサートホール東京都

https://www.tmso.or.jp/j/concert/detail/detail.php?id=3674

指揮者: 大野和士 / ピアノ: ニコライ・ルガンスキー

レーガー ベックリンによる4つの音詩 op.128 / ラフマニノフ ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 op.1 / シューマン 交響曲第4番 ニ短調 op.120(1851年改訂版)

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「東京都交響楽団 第989回定期演奏会Cシリーズ(平日昼) 」 と「都響 東京都交響楽団 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

レーガーとラフマニノフの生誕150年を記念して、大野和士ならではの趣向を凝らしたプログラムをお届けします。
レーガーの代表作の一つで、スイスの象徴主義画家アルノルト・ベックリンの絵画の情景や印象を表現した《ベックリンによる4つの音詩》は、カールスルーエ・バーデン州立劇場の音楽総監督時代、同地のマックス・レーガー研究所にも通うなど、長年レーガーの音楽に深い関心を寄せてきた大野とっておきの1曲。ラフマニノフのスペシャリスト、ルガンスキーを迎えては、青年ラフマニノフの瑞々しい作品番号1を、大作曲家となった後に改訂した版で。演奏会後半には、これも後年の改訂によってより完成度を高めたシューマンの第4交響曲。変化に富んだ選曲で、作曲家たちの心情に迫ります。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

icon 2024/04/13 14:00

icon

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番, ブラームス:交響曲第1番

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

icon 2024/03/23 14:00

icon

ワーグナー/ジークフリート牧歌,ヴィヴァルディ/2本のトランペットのための協奏曲

山本絵理ピアノリサイタル

山本絵理ピアノリサイタル

icon 2024/03/17 14:00

icon

ハンガリー国立リスト音楽院首席卒業、NYリストコンクールファイナリストによるピアノリサイタル

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!