東京都交響楽団 第994回定期演奏会Bシリーズ 非公式情報

2024年02月16日() 19:00 開演

サントリーホール 大ホール東京都

https://www.tmso.or.jp/j/concert/detail/detail.php?id=3683&my=2024&mm=2

指揮者: エリアフ・インバル / 語り: ジュディス・ピサール / 語り: リア・ピサール / ソプラノ: 冨平安希子 / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 児童合唱: 東京少年少女合唱隊

ショスタコーヴィチ 交響曲第9番 変ホ長調 op.70 / バーンスタイン 交響曲第3番《カディッシュ》

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「東京都交響楽団 第994回定期演奏会Bシリーズ 」 と「都響 東京都交響楽団 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

2016年3月の定期で演奏し絶賛を博した、バーンスタイン《カディッシュ》を、マエストロ・インバル88歳の誕生日(2/16)にふたたび採り上げます。著名な国際弁護士・作家として活躍し、インバルの友人でもあったサミュエル・ピサール書き下ろしのテキストは、ホロコーストの生存者である自らの体験や神への思いを綴っており、ピサール夫人と令嬢による語りは、聴衆の胸に深く迫るとともに、なおも世界各地で戦争が続く現代に鋭く警鐘を鳴らすことでしょう。前半は、やはり第2次世界大戦と因縁浅からぬショスタコーヴィチの交響曲第9番。軽妙洒脱な表情を見せながら、その奥に戦争(とそれを引き起こしたもの)への鋭い皮肉が込められていると言えるショスタコーヴィチの“第九”もまた、時代の証言として聴かれるべき名曲です。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

icon 2024/04/13 14:00

icon

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番, ブラームス:交響曲第1番

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

icon 2024/03/23 14:00

icon

ワーグナー/ジークフリート牧歌,ヴィヴァルディ/2本のトランペットのための協奏曲

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!