山形交響楽団 第318回定期演奏会 非公式情報

2024年06月15日() 19:00 開演

山形テルサ テルサホール山形県

https://www.yamakyo.or.jp/concert/subscription/20240615.html

指揮者: 阪哲朗 / ヴァイオリン: 辻彩奈 / チェロ: 上野通明 / ソプラノ: 老田裕子 / アルト: 在原泉 / テノール: 鏡貴之 / バリトン: 井上雅人 / 合唱: 山響アマデウスコア

モーツァルト 歌劇「魔笛」K.620 序曲 / モーツァルト ミサ曲 ハ長調「戴冠式ミサ」K.317 / ニキシュ: ファンタジー (オペラ 「ゼッキンゲンのトランペット吹き」 のモチーフによる) / ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「山形交響楽団 第318回定期演奏会 」 と「山響 山形交響楽団 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

<Tradition>「戴冠ミサ…自身の焦燥・母の死の中で創られたハ長調の明るさ」(阪哲朗)/俊英 辻彩奈と2021年ジュネーブ国際コンクールの覇者 上野がブラームスの傑作を!

常任就任6年目を迎えた阪と「戴冠ミサ」。レーゲンスブルク大聖堂での演奏が心に残ると語り、歌劇「フィガロの結婚」を思わせるソロが美しさを湛える。関西、東北の名歌手と山響アマデウスコアとの共演。山響と固い絆で結ばれる辻、2021年ジュネーヴ国際コンクールの覇者 上野とのブラームス最後の管弦楽作品。19世紀から20世紀に燦然と輝くニキシュの「ファンタジー」は2023年に長井市で阪&山響が日本初演した。ドイツ・オーストリア音楽の美しき伝統に彩られた一夜。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり