演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

保田紀子(パイプオルガン)桒形亜樹子(チェンバロ)松が峰教会

宇都宮・カトリック松が峰教会 第33回パイプオルガン演奏会

2019/10/13(日) 15:30 開演

カトリック松が峰教会(宇都宮) (栃木県)

G. Ligeti:ヴォルーミナ youtubeで曲を検索
田中 カレン:「香草の庭」より youtubeで曲を検索
J. S. Bach:前奏曲とフーガイ短調BWV543 youtubeで曲を検索
C. P. E. Bach:4つの小さなデュエットWotq115 youtubeで曲を検索
J. S. Bach:2台の鍵盤楽器のための協奏曲ハ短調BWV1060 youtubeで曲を検索
他にも、デュオ、ソロの作品を多数

ゲスト出演者

保田紀子(パイプオルガン)、桒形亜樹子(チェンバロ)

パイプオルガンとチェンバロ、バロック音楽と現代音楽、教会に集う

デュオ、ソロによる夢の共演で、バロックの教会音楽から現代の前衛音楽まで未知の芸術を、宇都宮の街に愛される美しきカトリック松が峰教会聖堂に、皆さんと集って聴きます。世界でこの時この場所でしか体感できない、まさに一期一会の機会です。
【保田紀子(パイプオルガン)】YASUDA Noriko (organ)
 東京藝術大学楽理科、オルガン科卒業および大学院修了。島田麗子、廣野嗣雄、秋元道雄の各氏に師事。1980年、ドイツ政府給費留学生(DAAD)として渡独。フライブルク音楽大学にてZ.サットマリー氏に師事し、同大学を卒業。
 1983年に帰国後、カトリック東京カテドラル、国際基督教大学チャペル、サントリーホール、東京芸術劇場、水戸芸術館などでコンサート、NHK-FMに録音・放送の他、合唱団、合奏団との共演も多数。
 1985年ドイツ、ジンツィヒ現代音楽週間に招かれて好評を博し、以後 2013年まで、委嘱作品を中心とした邦人作品によるコンサートを重ねてきた。
 元・松本市音楽文化ホール専属オルガニスト。日本オルガン研究会会員。

【桒形亜樹子(チェンバロ)】KUWAGATA Akiko (cembaro)
 東京生まれ。東京藝術大学付属音楽高校、同大作曲科を経て、ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてドイツ・デトモルト音楽院チェンバロ科へ留学。シュトゥットガルト芸術大学にて国家ソリスト資格を取得。パリ、ブリュージュ、ライプツィヒなどの国際チェンバロコンクールにて上位入賞。
 90年代はパリへ移り、セルジー・ポントワーズ国立地方音楽院等でチェンバロ、通奏低音などの指導にあたりながらヨーロッパ各地で演奏活動。
 17年間の欧州滞在後2000年に帰国。東京藝術大学非常勤講師などを歴任し、現在、松本市音楽文化ホール講師。
 2017年よりdream window TREEレーベルからバッハ、フローベルガーのソロアルバムをハイレゾ世界配信。2018年8月に全音楽譜出版からクープラン『クラヴサン奏法』新訳を発行。

【松が峰教会のパイプオルガン】1978年(昭和53年)、南ドイツのリンダウ(Lindou)市(旧西ドイツ、スイス、オーストリアの国境にあるボーデン湖(Bodensee)に浮かぶ島)にあったアルビーツ社【Winfried Albiez氏(1938-1984)】が製作。2段手鍵盤と足鍵盤を有し、音色の数21、パイプ総数1244。信徒の3年に亘る献金を主に、街の近隣の募金等にも支えられ奉献。ミサ奏楽はじめ結婚式や葬儀、更には街の人達に向けたこの本格的な演奏会シリーズも定着している。

入場料

2500円(全席自由)

チケット購入方法

カトリック松が峰教会、福田屋ショッピングプラザ宇都宮店(今泉3階)チケットぴあ、FKDショッピングモールインターパーク店(2階)チケットぴあ、栃木県総合文化センター、宇都宮市文化会館にて発売中 

お問い合わせ