演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

シンフォニエッタ 静岡

シンフォニエッタ静岡 第7回東京定期公演(第59回定期公演)

2019/11/10(日) 14:00 開演

サントリーホール ブルーローズ (小ホール) (東京都)

ミヨー:室内交響曲第5番
ケクラン:2つのフルートのためのソナタ
ダンディ:シャンソンとダンス
イベール:チェロ協奏曲
モーツァルト:セレナーデ第12番「ナハトムジーク」

指揮

中原朋哉

ゲスト出演者

チェロ 田口裕(当楽団チェロ奏者)
オーケストラの立場から吹奏楽、管楽合奏へのアプローチを続けるシンフォニエッタ 静岡。今回は「印象主義のかげで」と題し、印象主義の代表的な作曲家とされるドビュッシーとラヴェルの活躍のかげにあり、注目される機会の少ない作曲家の作品の中から、管楽合奏のための作品をご紹介します。印象主義の誕生を予感させるダンディ、これぞ印象主義と思わせるケクラン、その伝統を受け継ぎつつ新しい音楽を紡ぎだしたイベールとミヨー。印象派の画家がモネとセザンヌだけではないように、ドビュッシー、ラヴェル以外の音楽もお楽しみください。後半は、現代の吹奏楽のうち、最小限の編成で演奏される「ウィンド・オーケストラ」の源泉であるモーツァルトの3つの管楽のためのセレナーデからハ短調「ナハトムジーク」をお届けします。

入場料

一般5000円 学生1000円(4歳以上25歳未満の学生)

チケット購入方法

シンフォニエッタ静岡 事務局
http://www1.odn.ne.jp/ssj/

チケットぴあ(Pコード 155-692)

お問い合わせ

未就学児童入場可能

4歳以上入場可能