演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト

東京大学フィロムジカ交響楽団

東京大学フィロムジカ交響楽団 第51回定期演奏会

2019/12/15(日) 14:00 開演

武蔵野市民文化会館 大ホール (東京都)

エマニュエル・シャブリエ:狂詩曲「スペイン」 youtubeで曲を検索
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」 youtubeで曲を検索
ベルリオーズ:幻想交響曲 youtubeで曲を検索

指揮

小笠原 吉秀
演奏会の一曲目《狂詩曲『スペイン』》は、フランスの作曲家シャブリエのデビュー作である。スペイン周遊の旅行で見聞きした、躍動的で情熱的な現地の民族音楽がふんだんに盛り込まれている。
次にお送りするのは、チャイコフスキーの初期の名作《幻想序曲『ロメオとジュリエット』》。シェイクスピアの戯曲で描かれた熱い愛と悲劇を、臨場感たっぷりに楽曲化した作品である。
ベルリオーズの代表作である《幻想交響曲》はロマン派において標題音楽の幕開けとなった曲だ。作曲の背景にはベルリオーズ自身の失恋体験があるといわれている。作曲家自らが作成したプログラムノートや当時としては大胆な管弦楽法など、さまざまに斬新な要素が取り入れられている。
今年2019年はベルリオーズ没後150年の節目の年でもあります。50回の大きな節目を迎え、新たな時代へと一歩踏み出す第51回のフィロムジカが、溢れ出る愛と情熱を音楽に乗せ、ホールいっぱいにお届けします。ぜひ足をお運びください。

入場料

入場無料(カンパ制)

お問い合わせ

未就学児童入場可能

他のお客様に御迷惑がかからないようご注意ください。
削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります