演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

【開催延期】ビクトリア合唱団

名古屋ビクトリア合唱団第21回定期演奏会

2020/05/31(日) 18:00 開演

三井住友海上しらかわホール (愛知県)

T.L.de ビクトリア:Magnificat youtubeで曲を検索
Salve Regina youtubeで曲を検索
J.S.バッハ:Jesu,meine Freude youtubeで曲を検索
木下牧子:混声合唱組曲 ティオの夜の旅 youtubeで曲を検索
2020年5月31日(日)に予定しておりました「名古屋ビクトリア合唱団第21回定期演奏会」は、
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を踏まえ、開催を延期することといたしました。
今後の予定等につきましては、決まり次第お知らせいたします。
ご理解を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

指揮

当間修一
連続演奏を続けているT. L. de ビクトリア作品から2曲を取り上げます。
1曲目の“Magnificat”は1581年にローマで発表された作品です。テキストは「ルカによる福音書」に書かれた、受胎告知を受けたマリアの言葉。定旋律と合唱が交互に現れながら、マリアの喜びと神への賛美が高らかに歌われます。
2曲目は聖母マリアへの賛歌として知られる“Salve Regina”(めでたし元后)。ビクトリアが書いた“Salve Regina”のうち、今回は1576年にヴェネツィアで出版された8声編成の作品を取り上げます。対比的に作曲された第1コーラスと第2コーラスが次々と歌い交わし、最後は8声全ての豊かな響きの中で乙女マリアを讃えます。

J. S. バッハ/Jesu, meine Freude
バッハの現存するモテットの中で、最も長大な作品です。全11曲からなるこのモテットの歌詞は、ヨハン・フランクによるコラールの詩節と、「ローマの信徒への手紙」の聖句によるもの。そして音楽は、フーガで書かれた第6曲を中心として、同じ特徴を持つ楽章が第1曲目と第11曲目、第2曲目と第10曲目というように、同心円状に配置され、完璧な対称構造を形作っています。「イエスよ、我が喜び」とキリストへの信仰を篤く表現した、バッハの代表作品です。この曲は通奏低音とともに演奏されることもありますが、今回はアカペラ(5声編成)でお届けします。

木下牧子/混声合唱組曲「ティオの夜の旅」
混声合唱組曲「ティオの夜の旅」は、木下牧子氏の代表作の一つとして広く知られています。
組曲を構成する5つの詩は、作家 池澤夏樹氏の詩集「塩の道」から選ばれたもの。舞台は南太平洋の海と島々です。
「光あれ」という冒頭の詩が象徴するような、洗練された美しい和声が紡がれる1曲目の「祝福」。続いて、島の風景が時に神秘的に、時に躍動的に、魅力溢れる音楽で描かれます。終曲は表題にもなっている「ティオの夜の旅」。「ティオ」は、池澤夏樹氏の短編小説集『南の島のティオ』にも登場する少年です。ティオが南の島を冒険して駆け回っているような、躍動するリズムと疾走感に溢れる作品で締めくくられます。

入場料

一般2800円 学生1800円 高校生800円 中学生以下無料 当日は各プラス500円となります

チケット購入方法

三井住友海上しらかわホールチケットセンター

お問い合わせ

削除パスワード