演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

アウローラ管弦楽団

第25回定期演奏会

2021/06/27(日) 13:30 開演

すみだトリフォニーホール 大ホール (東京都)

N.A.リムスキー=コルサコフ:交響曲第2番嬰ヘ短調「アンタール」(交響組曲「アンタール」) youtubeで曲を検索
P.I.チャイコフスキー:交響曲第1番ト短調「冬の日の幻想」 youtubeで曲を検索
アウローラ管弦楽団にとって2021年の2回目となる演奏会では、大迫力の作品で構成した前回の定期演奏会からは趣きを異に、編成をコンパクトなものとし、ロシア=ロマン派時代に生み出された2つの標題交響曲を取り上げる「ダブルメイン」の演奏会をお届け致します。
交響曲第2番嬰ヘ短調「アンタール」(または交響組曲「アンタール」)は、リムスキー=コルサコフの代表作でもある交響組曲「シェエラザード」の姉妹作となる“もうひとつの交響組曲”で、「アンタールの夢」、「復讐の喜び」、「権力の喜び」、「愛の喜び」の4つの楽章から成る標題音楽です。「シェエラザード」と同じオリエンタル情緒に満ち溢れた秘曲をお楽しみください。
そしてもうひとつのメイン、交響曲第1番ト短調「冬の日の幻想」は、当団が2009年の結成公演で演奏した交響曲の再演となります。12年前、アウローラ管弦楽団はこの作品を演奏する為の「一発オーケストラ」企画として産声をあげました。その時の打ち上げ花火が新たな導火線となり、演奏会を積み重ね、今日に至っています。アウローラ管弦楽団が結成するきっかけとなった曲であり、この交響曲があったからアウローラ管弦楽団は生まれたといっても過言ではありません。そんな“アウローラの原点”とも言うべき作品を、初心に還って心を込めて演奏したいと思います。

指揮

米津 俊広

入場料

全席指定 1,000円
【前売り予約】事前予約でお席がお選び頂けます(お代金は当日精算となります)。
【無料ご招待】無料ですがお席はお選び頂けません(事前予約は必要となります)。

お問い合わせ

チケットプレゼント募集!

コンサートスクウェア御覧の皆様をご招待!

先着50名様

応募締め切り

2021/06/20 必着

応募方法と応募先

メールで応募(応募先アドレス):masaki@nebulas.com
枚数を明記ください。
無料ご招待の場合、お席はお選び頂けません。

応募方法

演奏会の団体名・日時とあなたの住所・氏名・年齢・職業・電話番号・コメントなどを明記の上、「コンサートスクウェアを見て応募」と記入し、上記までご応募下さい。

[当選チケットのオークションサイトへの出品は禁止です]
削除・変更パスワード
登録メールアドレス
パスワード再登録の
メールを送ります