演奏家と音楽好きをつなげるクラシック情報サイト
新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

武満徹(没後25年)《クロスハッチ》(1982)
鈴木純明 / 辻田絢菜 / 今堀拓也《委嘱新作》(2021)
J.S.Bach(會田瑞樹編曲)《フーガト短調(BWV1000/1001)》
J.S.Bach(會田瑞樹編曲) 《パルティータ第二番BWV826よりロンド/カプリス(世界初演)》 
坂田直樹 《Leptothrix》(2019,2021/関東初演)
細川俊夫 《夕顔》(2020)
會田瑞樹 《雨の降る前に… -二人の奏者と一台のヴィブラフォンのための-》(2021/関東初演)
武満徹  《雨の樹》(1981) 
マリンバ:谷口かんな、横地ちひろ / 朗読:木下真希 / 照明:小林孝彦 

出演者

ヴィブラフォン : 會田瑞樹
マリンバ : 谷口かんな マリンバ : 横地ちひろ
かなっくホールレジデントアーティストに就任した會田瑞樹によるかなっくホールと共催による會田瑞樹のヴィブラフォン独奏公演。没後25年を迎える武満徹作曲《雨の樹》を巡る音楽の旅を彩る。新作を鈴木純明、辻田絢菜、今堀拓也の三氏に依頼。再演作品は、東京オペラシティ文化財団B→C會田瑞樹パーカッションリサイタルで初演し大きな話題となった細川俊夫作曲《夕顔》、大阪文化祭奨励賞を受賞した會田瑞樹ヴィブラフォンリサイタルinOSAKA公演で初演し、関東では初演となる坂田直樹作曲《Leptothrix》が演奏される。さらにバッハによるフーガやパルティータ、會田瑞樹による武満徹へのオマージュ作品も加わり、ヴィブラフォン100年目の歴史を深く味わう。

入場料

一般席¥3,000 / 神奈川区民割引\2,500 / 学生席¥1,000

チケット購入方法

お問い合わせ:かなっくホールチケットデスク 045-440-1219(受付時間/10:00〜20:00)※休館日除く
イープラス(https://eplus.jp)より「會田瑞樹」で検索。

お問い合わせ