新実真琴リサイタル30th

【戦争を拒否せよⅡ】-Life&War-

2023年06月04日() 14:00 開演

メニコンANNEX HITOMIホール愛知県

https://www.muse-ongakukan.com/create/create_info

ピアノ: 木村恵理

C. グアスタビーノ『12の民謡』より
・兄弟 Hermano
・かわいい柳の枝 Bonita rama de sauce
・バラと柳 La rosa y el sauce
・鳩のあやまち Se equivocó la paloma
・大草原 Pampamapa

J. ブラームス『ドイツ民謡Deutsche Volkslieder』より
・はだしで来ちゃだめだよ、かわいい恋人よ Feinsliebchen
・菩提樹が立っている Es steht ein Lind'

間宮芳生『日本民謡』より
・こきりこ
・ちらん節
・南部牛追唄
・早念仏と狂い

・・・・・・・・・・・・・

林光
・動物園(詩 佐藤信)

萩京子
・枯れたオレンジの木のシャンソン
(詩 F.G. ロルカ 訳詩 長谷川四郎)
・はじめのことば(詩 さねとうあきら)

武満徹
・死んだ男の残したものは
(詩 谷川俊太郎 編曲 寺嶋陸也)

林光
・なぜ?(詩 林光)

武満徹
・小さな空(詩 武満徹)

新実徳英 ☆独唱版初演
・戦争で死んだ兵士のこと(詩 小泉吉宏)
・滄海(うみ)よ、うたって(詩 車木蓉子)

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

動画

コンサートについて

「”歌”で伝えたいこと―」
前半は、アルゼンチン、ドイツ、日本の民謡より、
日々の暮らしのなかの喜びや、恋…私たちの身近にある暮らしに寄り添う歌の数々を。
後半は、現代の作曲家・詩人による反戦の思いを込めたプロテスト・ソング。

うた:新実 真琴
ピアノ:木村 恵理

★2023年6月4日(日)
①13:10開場/13:30開演
②17:10開場/17:30開演
※①と②は同じ内容です。

会場:HITOMIホール
  (名古屋市中区葵3-21-19 メニコンANNEX 5F)
  JR・地下鉄「千種駅」5番出口より徒歩5分

<新実真琴プロフィール>
東京藝術大学声楽科および大学院ソロ科修了。その後イタリア、スペイン留学。名古屋音楽大学、愛知県立芸術大学の非常勤講師を歴任。
NHK-FMアンサンブル・トゥディ、北とぴあ音楽祭、ワーグナー・オペラハイライツ(しらかわホール主催)、名古屋市文化振興事業団主催公演(フィガロの結婚、天国と地獄、三文オペラ、メリー・ウィドウ)に出演、グリーン・エコー公演「マタイ受難曲」ユダ、ファジル・サイ作曲「ナズム・オラトリオ」ソリスト、など。近年は反戦や東日本大震災をテーマにした演奏活動にも注力し、人々に寄り添う歌をライフワークとしている。
CDに「白いうた・青いうた(曲:新実徳英 詞:谷川雁)」がある。
愛猫家、酒が強い、料理が得意。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり