クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第517回定期演奏会 非公式情報

〈死と継承〉

2023年11月17日() 18:45 開演

愛知県芸術劇場 コンサートホール愛知県

https://www.nagoya-phil.or.jp/2023/0120121012.html

指揮者: 川瀬賢太郎 / ヴァイオリン: コリヤ・ブラッハー / 笙: 宮田まゆみ

ベルク ヴァイオリン協奏曲『ある天使の想い出に』 / 細川俊夫 光に満ちた息のように / ワーグナー 歌劇『ローエングリン』第1幕への前奏曲 / R.シュトラウス 交響詩『死と浄化(変容)』作品24

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「名古屋フィルハーモニー交響楽団 第517回定期演奏会 」 と「名古屋フィル 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

新音楽監督の定期第2弾は、「死」に関連したプログラム。死と、死に抗うことと、死者から何を継承するかは、人類の永遠のテーマ。協奏曲は夭折した少女マノンを偲んで書かれ、笙独奏の「光に満ちた息のように」と連続して演奏される『ローエングリン』は最後に悲劇的な死が訪れ、『死と浄化』は死との闘争の末に安らぎを得ます。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!