<びわ湖ホールオペラへの招待>オッフェンバック『天国と地獄』 非公式情報

大阪交響楽団

2023年12月21日() 14:00 開演

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール滋賀県

https://www.biwako-hall.or.jp/performance/orphee_aux_enfers2023

指揮者: 大川修司 / 担当名: びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー

オッフェンバック 天国と地獄

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「<びわ湖ホールオペラへの招待>オッフェンバック『天国と地獄』 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

公演団体/音楽家

※ 本情報はコンサートスクウェア運営で投稿した当時の内容です。公式の情報とは異なる可能性がありますので、お出かけの場合は必ず事前に主催者のWebページ等で情報をご確認ください。

※ 情報の間違いなどがありましたらこちらからご連絡をお願いいたします。

※ 主催者様へ:公式化などのお問い合わせはこちらからお願いします。

コンサートについて

<びわ湖ホール オペラへの招待>は、オペラ鑑賞が初めての方から大好きな方、子どもから大人まで、どなたでも本格的なオペラをお楽しみいただけるシリーズです。

オッフェンバック作曲の『天国と地獄』は、上流階級の娯楽とされていたオペラよりも幅広い人々が楽しめるよう作られた、コミカルな内容のオペレッタで、「オペラの入口」としてもぴったりです。

夫婦愛を謳ったグルック作曲のオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』をおもしろおかしくパロディ化したこの作品では、主人公の夫婦が不仲であったり、ギリシャ神話の神々が天国でパーティやストライキを起こしたりします。そんなドタバタ騒ぎは、現代に至るまで市民社会が抱え続ける産業や経済の発展の裏にある、貧富の差や風俗の乱れを皮肉と笑いたっぷりに風刺しています。

指揮はびわ湖ホール声楽アンサンブル指揮者の大川修司、演出は日本のオペラ界で大活躍の岩田達宗、キャストはびわ湖ホール声楽アンサンブル、そして合唱には、一般公募の『天国と地獄』合唱団も参加して、親しみやすく愉快なメロディをお贈りします。運動会といえば誰もが知るあのメロディーもお楽しみに。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

愛知室内オーケストラ 第74回定期演奏会

icon 2024/04/13 14:00

icon

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番, ブラームス:交響曲第1番

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

愛知室内オーケストラ イエルーン・ベルワルツ×服部孝也

icon 2024/03/23 14:00

icon

ワーグナー/ジークフリート牧歌,ヴィヴァルディ/2本のトランペットのための協奏曲

山本絵理ピアノリサイタル

山本絵理ピアノリサイタル

icon 2024/03/17 14:00

icon

ハンガリー国立リスト音楽院首席卒業、NYリストコンクールファイナリストによるピアノリサイタル

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!