• トップ
  • エメリッヒ・カールマン

エメリッヒ・カールマン

1882年10月24日 - 1953年10月30日

ハンガリー

エメリッヒ・カールマン(Emmerich Kálmán, 1882年10月24日 - 1953年10月30日)は、ハンガリー出身のオーストリアの作曲家。 ハンガリー名はカールマーン・イムレ(Kálmán Imre)であるが、ドイツ風にエメリッヒ・カールマンと名乗り、世界的にこの名で有名である。 日本で発売されているCDやDVD、文献などもほとんどこの表記によっている。 カールマンはフランツ・レハールとともに、20世紀初頭における「ウィンナ・オペレッタ銀の時代」の代表的な作曲家と看做されている。 カールマンは、ウィンナ・ワルツとハンガリーのチャールダーシュの融合により名声を馳せた。詞・台本こそドイツ語のものを用いたものの、両親ともドイツ系でチェコ育ちでもあるレハールに比べハンガリー色は遥かに濃い。 一方、カールマンはチャイコフスキーの管弦楽法を模範としているものの、ポリフォニーの構成や旋律法においては、プッチーニを理想とした。 また、新時代の軽音楽としてのフォックストロットを採り入れ、ドラム・セットを用いたダンス・バンドに近い響きも試みている。

この作曲家の曲を演奏するコンサート