アンサンブル ディマンシュ 第92回演奏会

~イギリスにまつわる音楽~

2023年02月12日() 14:00 開演

府中の森芸術劇場 ウィーンホール東京都

http://www.e-dimanche.jp/

指揮者: 平川範幸

フェリックス・メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」 / フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 交響曲第93番ニ長調 / フェリックス・メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調「スコットランド」

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

コンサートについて

◆テーマは「イギリスにまつわる音楽」
 今回の演奏会のテーマは「イギリスにまつわる音楽」です。と言っても、イギリス人作曲家の音楽ではありません。イギリスを訪問したことのある二人の外国人作曲家、メンデルスゾーンとハイドンのイギリスにまつわる作品を取り上げます。

 イギリス訪問と一口に言っても、現在のように大陸から飛行機や鉄道で行ける時代ではありません。港まで馬車で何日も揺られ、船に乗り換えて行く旅は大変だったに違いありません。それにも関わらず、メンデルスゾーンは生涯にイギリスを10回訪問したと言われています。1829年、20歳のメンデルスゾーンは初めてイギリスを訪問していますが、この時にスコットランドを旅行しています。今回取り上げる序曲「フィンガルの洞窟」と交響曲第3番「スコットランド」は、このスコットランド旅行の印象を描いた作品です。どちらも帰国直後に着想されていますが、「フィンガルの洞窟」は1830年に完成、「スコットランド」はそれから12年も後の1842年に完成しています。この12年間に、交響曲では第5番「宗教改革」(1830)、第4番「イタリア」(1833)、第2番「讃歌」(1840)が先に完成し、「スコットランド」はメンデルスゾーンの最後の交響曲となってしまいました。

 一方、ハイドンは、ザロモンの招きによって1791~95年に2回イギリスを訪問しています。ザロモンは、ロンドンに移住したドイツ出身のヴァイオリニストで、興行師としても活躍していました。交響曲第93番~第104番はこの2回の訪問時にロンドンで初演されているため「ロンドン交響曲」又は「ザロモン交響曲」と呼ばれています。このうち、1791~92年の第1回の訪問時にロンドンで作曲・初演された第93番~第98番は「第1期ロンドン交響曲」と呼ばれています。今回演奏する第93番は、1791年に作曲され1792年の2月にロンドンで初演されています。交響曲の番号順では第1期ロンドン交響曲の始めを飾る曲ですが、作曲順(初演順)では第96番、第95番の方が早く、実際は3番目の交響曲です。次の第94番は、第2楽章に突然一発の大音響が鳴り響くことから、「驚愕」という愛称で親しまれていますが、実は、この第93番にも同様にハイドン特有のユーモアのセンスが表れた部分があり、これは「驚愕」の前哨戦ではないかと思われます。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

進藤実優ピアノリサイタル

進藤実優ピアノリサイタル

icon 2024/07/20 13:30

icon

いま世界が注目するピアニストが紡ぐベートーヴェン三大ソナタ

新交響楽団 第266回演奏会

新交響楽団 第266回演奏会

icon 2024/07/28 14:00

icon

驚天動地の前衛音楽-ストラヴィンスキー「春の祭典」

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!