クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

ヴォーカル・アンサンブル カペラ

オケゲムのレクイエム 〜美しき哀悼歌

2023年10月27日() 19:00 開演

東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂東京都

https://www.cappellajp.com/news/554

指揮者: 花井哲郎 / Superius: 鏑木綾 / Superius: 佐藤裕希恵 / Contratenor: 富本泰成 / Contratenor: 渡辺研一郎 / Tenor: 金沢青児 / Tenor: 柳嶋耕太 / Bassus: 櫻井元希 / Bassus: 谷本喜基

ジャン・ド・オケゲム「死者のためのミサ曲」: Ockeghem, Missa pro defunctis / ギヨーム・デュファイ「めでたし天の后」(4声): Dufay, “Ave Regina Caelorum” a 4 / ジョスカン・デ・プレ「森のニンフ」: Josquin, “Nymphes des bois” / ハインリヒ・イザーク「誰が私の頭に水を与えるか」: Isaac, “Quis dabit capiti meo” / グレゴリオ聖歌 死者のためのミサ固有唱: Propium missae pro defunctis / ピエール・ド・ラ・リュー「アブサロム、わたしの息子」: Pierre de la Rue, “Absalon fili mi”
光の中へ−−−。最古の多声ミサ曲を典礼形式で。
 亡くなった人を追悼する音楽には、心を揺さぶる美しい名曲が古今数多くあります。最古にして最も多く歌われてきたのは、言うまでもなくグレゴリオ聖歌の死者のためのミサですが、最も古い多声のミサ曲として知られるのが15世紀の大作曲家オケゲムの作品です。そして最古と言うだけでなく、数あるレクイエムのなかでも特筆すべき傑作です。

 グレゴリオ聖歌のレクイエムの旋律が、慰めに満ちたハーモニーで光の世界へ誘うかのように響きます。またそうかと思うと驚くほど劇的な展開が繰り広げられる箇所もあります。通常の1声部2名編成のアンサンブルのほか、1人1声のソリスティックな編成も織り交ぜ、そういった作品の真価が浮き彫りになるような、カペラとしても今までとは違ったアプローチの演奏を目指しています。いろいろな演奏を耳にされた方にとってもきっと新しい発見があることと思います。可能性に満ちたカペラの新境地に、どうぞご期待ください。

 今回の演奏会では、このオケゲムのミサ曲に朗読や祈祷などを交え、典礼の形式で演奏します。またプログラム後半ではルネサンス時代にさまざまな機会に作られた追悼音楽の名作ばかりを集めました。秋の一日、心静かに生と死に思いをめぐらせていただければ幸いです。

みんなのコンサートメモ

このコンサートに関するツイート

公演後1日間の「ヴォーカル・アンサンブル カペラ 」 を含むツイートを自動表示します。

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

動画

コンサートについて

ヴォーカル・アンサンブル カペラ 2023/2024 定期公演 1 
シリーズ ルネサンス音楽の名曲 3
------------------------------------------------
オケゲムのレクイエム
〜美しき哀悼歌
〜グレゴリオ聖歌とルネサンス・ポリフォニーによるミサ形式の演奏会
------------------------------------------------

2023年10月27日(金)
会場:カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂
開演:19時 (18時15分 開場)
*開演20分前より音楽監督の花井哲郎による説明があります

●曲目
グレゴリオ聖歌 死者のためのミサ固有唱
ジャン・ド・オケゲム「死者のためのミサ曲」

ギヨーム・デュファイ「めでたし天の后」(4声)
ジョスカン・デ・プレ「森のニンフ」  
ハインリヒ・イザーク「誰が私の頭に水を与えるか」
ピエール・ド・ラ・リュー「アブサロム、わたしの息子」

●演奏
ヴォーカル・アンサンブル カペラ
鏑木綾 佐藤裕希恵 富本泰成 渡辺研一郎 金沢青児 柳嶋耕太 櫻井元希 谷本喜基 花井哲郎

●チケット料金【全席自由・すべて税込】
前売・一般席 4,600円 / 前売ペア席 8,500円
学生席 2,500円 当日 5,100円
*会員優先席あり
*学生券は入場時に学生証をご提示ください
*前売ペア券は二人同時にご入場ください

ご購入はイープラスで
https://eplus.jp/sf/detail/3906120001-P0030001P021001?P1=0175

●配信チケットも準備中

 亡くなった人を追悼する音楽には心を揺さぶる美しい名曲が古今数多くあります。最も古い多声のミサ曲として知られる15世紀の大作曲家オケゲムの作品は特筆すべき傑作です。通常の1声部2名編成のアンサンブルのほか、1人1声のソリスティックな編成も織り交ぜ、作品の真価が浮き彫りになるよう今までとは異なるアプローチの演奏を目指しています。いろいろな演奏を耳にされた方にとっても新しい発見があることでしょう。
 プログラム後半ではルネサンス時代にさまざまな機会に作られた追悼音楽の名作ばかりを集めました。秋の一日、心静かに生と死に思いをめぐらせていただければ幸いです。

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

バッハ 平均律第二巻 24曲 全曲演奏会

icon 2024/07/12 18:30

icon

関西では滅多に聴くことのできない「何か」は きっと「希望」の使い、五感を超越させる第六の感覚を表現できる稀有なピアニスト 有馬みどり

おすすめのコンサートメモ

コンサートメモを書いてみる!